| Admin |
いやぁ橋下批判は楽しいなぁw
2013年06月25日 (火) | 編集 |
おいらは橋下氏の慰安婦発言を全面批判している人間ではない。
どちらかといえば肯定的なほうだろう。

公務員改革なども賛成だが、橋下氏は嫌いである。
理由は簡単で彼の言葉に説得力がないからだ。

決定的なのは体罰問題だ。
元ラグビー部の橋下は元々は容認派だったらしいが、突然体罰はダメとなってしまい挙句にすべてを敵に回してもぐらいで強権までつかって対策をしてしまった。

今回の慰安婦の問題でも たかじんNOマネーで生放送?で番組視聴者の声を背景に またほかのパネラーの無力のせいで言いたい放題だった。

おいらはあの時 ほかのパネラーは素直に番組視聴者の声や橋下氏の意見はこうであって我々を含めた少なくないのん元がやはり橋下氏の意見はまずかったと思っていると突っぱねればよかっただけのことだと 前にも書いている。
強気になって発言をすれば結果は選挙に出るよぐらいのことは行っても良かったかもしれない。

おいらは維新の勢いが完全に止まっていて選挙にはかてないだろうと予想できていた。
まぁこのこと自体は慰安婦発言がなくてもそうだったろうことは間違いがないんだけど、メディアは慰安婦発言をその理由に位置づけようとしているので橋下を大人しくさせるにはちょうどいい。


それにしても維新の会の惨敗感も半端ないだろう。
自民・公明が候補者全員当選らしいし 維新の会はおいらの記憶では30人以上が出馬していたはずが2人だけの当選だろう。維新の会は自費での出馬が条件ではなかっただろうか。
出馬した人の中には橋下氏に費用を負担してもらいたいとかんがえるひともいるのではなかろうか。


おいらは橋下氏を見ていて党首である自覚がないように思えてならない。
最初に立ち上げた維新の会のままならそれでも良かったのだろうが、所帯を大きくした今 橋下氏の独断思い付きような発言が政党の意見であるかのように取られてしまうリスクを考えないのが悪いと思うよなぁ。

維新の会の代表で国会質問をした中山議員の慰安婦に関する話を政党の考えで通していれば今の慰安婦問題はなかったはずだろう。橋下風に話をしたことで問題を大きくしてしまったのだ。
橋下氏にとっては内容は俺が正しいというのだろうが、おいらからしても根底がおいらと違っているので評価できないのだ。結果的に主張は似てしまっているけどね。
大体韓国とともに検証するべしから間違っている。
国家の関与があれば改めて補償すべしも間違っている。

日本人だけが非情な軍隊だったみたいな扱いに納得せずほかの国はどうなの?は一緒だが、国家の関与があれば保障するべきからは全く違っている。
韓国は朝鮮戦争で日本を悪く真似して国家的に慰安婦を作ったしアメリカは国家が目をつぶるという形で風俗を黙認してきているだけのこと。
黙認することで責任逃れをしているだけでしかない。
彼らは戦争に勝つことで慰安所の建設を強要し続けてきた国なのだ。

それをいうべきだろう。
現在の慰安婦問題のいびつさを日本人慰安婦を置き去りにしている実態をもって教えるべきだろう。

欧米人の思想のいびつさを教えるべきだろう。

そこまで言って委員会で竹田氏がいっていたが性犯罪に対していまやヨーロッパでは売春を合法化する国が増えていると言っていた。
そのことをもう少し深く掘り下げる必要があるように思うな。
女性の人権問題はそれとして売春が必要と判断されてきている実情を考えることは必要なことだろう。

まぁなんにせよ、橋下氏は都議会選挙とこれから行われるはずの参議院選挙で自らを反省する機会をえることになるだろう。

それにしても反自民で一番真面なのが共産党と国民に判断されたことはある意味面白い。
野党の人間が反省する必要があるということだろうな。
民主党の人間やみんなの党、維新の会などが何を言おうが結果は野党でいちばんまともなのが共産党とみるしかないわけだ。
それほど民主党政権がダメだったし維新の会が信頼を得ていないということなのだ。

橋下氏に少しレクチャーしておくと、あなたは地方分権と公務員改革だけを口にしていた方がいいだろう。
それ以外は自分たちの首を絞めることにしかならない。
発言で賛同する声は上がるかもしれないが、同時に多くの敵も作っていることを知る必要がある。
地方分権と公務員改革が敵を作らない話なのだ。

体罰問題や今回の慰安婦問題でも橋下氏を支持する声は少なくないだろう。
しかし、支持していた人の中に敵を作り支持していない人の賛同を得たとしても票は増えないという結果が出たんじゃないのだろうか?

党首であり選挙で勝つことを目標にしているならもう少しお利口さんになる必要があると思うね。
それこそ小遣い稼ぎのコメンテイターなら好きなように言っていても結構だがねw。
スポンサーサイト