| Admin |
イタリア戦 その後のその後
2013年06月21日 (金) | 編集 |
イタリア戦でのプレーは香川も本田も良かったし遠藤や長谷部も持ち味が十分発揮されたと思う。

その理由はモチベーションとイタリアの緩すぎるプレッシャーによるものだろう。
アジアでだってこれほど緩いプレッシャーなどないと思う。
さすがに本田の所へはプレッシャーはあったと思うが遠藤の所がゆるいし香川がポジションを自由に変えたことで香川へのプレッシャーも弱かったから本田から簡単にボールがさばけた。

ちなみにおいらの本田への評価は基本的に厳しいと思う。
個人的に長く持つ選手が好きではないことが大きな原因だ。
本田のキープ力云々という話などある意味無駄なものだと思っているからだ。
簡単にパスをさばいてもボールを失わずに済むわけで個人でキープする必要を感じないのだ。
本田がキープできるとしても個人での対応などリスクでしかない。
ほかの選手が上るタメを作るなどというのも意味がない。飛ばしパスができればそれで補える話でしかない。
本田を評価するには本田が関わり狭いところでパス交換ができたり最終的には本田はシュートを打たなければ良かったという評価はしたくないのだ。
そういう点で見ればイタリア戦での出来は良かったと思っている。
本田は出るからにはもっと強引なシュートをするべきだと思うね。
横に流れてシュートチャンスをうかがうプレーなどよく見るが結局打たないのでは魅力は半減してしまうだろう。
本田のキープ力を評価するならゴールから遠いところではなくゴールに結びつく場面でのキープ力でなくてはいけないと思う。
おいらの目にはそういう面がしばらく消えていたように思えるのでイタリア戦で何本かの試みがあったのは非常に良かったと思うのだ。
体の強さは確かに武器にもなるがメッシやネイマールにそれがあるかといえば 無くったって困らないことは理解できると思う。キープ力はあるけどね。

本田がイタリア戦ほどのチャレンジをいつでもしてくれれば嬉しいと思うね。

それと、多くの人が善戦を喜んでいるが結果的に負けたことはもっと厳しくいう必要があると思う。
選手は感じていると思うがザッケローニはそれで喜んでいる節があるので注意したいと思うな。

負けて得るものも確かにあるかもしれないがこういう試合は勝たなければ失うもののほうがはるかに大きいと思う。
海外の記事などを見るにつけ個人的には特にそう思っている。
控え選手の層の薄さを指摘されるのは間違いだと思っているし、経験のなさなどを指摘する声もあるが それも間違いだ。吉田はプレミアでプレーしているし今野だって長い間代表に身を置いている。
日本ではこれ以上ない経験を積んだ選手だ。
海外の選手だってフル代表で試合をする経験の少ない選手だっているわけで経験の問題という話ではないと思う。

ザッケローニをイタリアのメディアなどは持ち上げているようだが、実はこの監督の問題が一番の問題だと思っている。
代表は今年に入って満足のいく成果を上げていない。
ワールドカップ予選にしても最悪な結果こそでてはいないがポテンシャルをじき出したと言える結果が出せていないのだ。理由はあるだろうがここで勝つという試合で負けたり引き分けたりであって今年の代表の出来はよくないのだ。ワールドカップ予選に関して言えばなく年の結果がすごく良かったことで大事にならなかっただけだ。
ブラジル戦の失敗をイタリア戦でも見せてしまったのもザッケローニの指導力によるものだと思っている。
昔の日本の話でワールドカップのオーストラリア戦が思い出される。
リードした場面でまだ攻める気でいた攻撃陣とバランスを考えた守備陣の気持ちのズレがオーストラリアの反撃を呼び結果として負けてしまっている。
イタリア戦でもそういう葛藤があったのではないかと推測できる。
そうでなくても後半開始早々に失点をしたのは前の試合のブラジル戦と同じなわけで、そこを注意するべきベンチの責任は少なくないと思う。

世界は忘れてしまっているようだが、日本に人材がいないわけでもないのだ。
南アフリカ大会で見せた日本の堅守を選手たちは皆現役で今でも活躍している。
あくまで今野代表はザック好みの選手だというだけのこと。

そう、日本がイタリア戦で勝っていれば控え選手の層が薄いとか経験がとか弱点はとか言われずに済んだのだ。
代表だけの話ではなく控え選手や代表に選ばれなかった選手の評価も下げてしまったのだ。
攻撃陣は評価されたがその功績はザッケローニと活躍で来た選手だけに送られたものでしかなくなった。
この試合に出れなかったがドイツで評価された乾や清武などの評価さえも下げたも同然なのだ。
勝てば次の可能性が見えるから悪い評価は変えるチャンスもできたが負ければ悪い部分の評価はそのままになってしまうのだ。
日本が強豪に勝つことが増えなければフロック扱いも消えないのだ。
日本のサッカーがより早く認められるには勝たねばならない試合だったのだ。

今更イタリア戦をやり直せないが、メキシコ戦で修正され勝利すればいいんですが 正直メキシコのプレーは侮れないし良いプレーヤーの得意の攻撃は日本の苦手なタイプに思える。
一番やりやすい相手に後れを取ってしまったツケは大きい気がしてならない。

それにしてもザッケローニが監督でいる間は新しい選手の活躍は厳しいと感じてしまう。
やはり第二代表ぐらい作る必要性をおいらは感じている。

代表で経験を積む手段として出る機会をなかなか与えられない乾や清武、柿谷や豊田、そして芝崎や大迫などアジア以外での経験を積ませる方法をなんとか作ってほしいものだ。
スポンサーサイト