| Admin |
イタリア戦 その後
2013年06月21日 (金) | 編集 |
海外のこの試合の反応があちこちのブログで上がっている。

概ね日本のパスサッカーに驚き評価を得ている。

反面、日本人の反応は複雑だ。
この出来をとりあえず褒める人もいれば戦犯探しのようなコメントに腹を立てる人もいる。
おいらは基本的に選手はいい時も悪い時もあると思っているし皆いいプレーをしようと思っていることを疑ったこともないので個人攻撃のようなコメントは嫌いだが、サッカー文化の深いヨーロッパなどで試合ごとに選手に点数をつける文化は正に試合ごとに戦犯を探すことに他ならない習慣に思えるのだ。
点を取ったらいい点をつけ失点につながる行為には悪い点をつけるのが当たり前になっているのだ。

そう考えることで強くなってきたのだろうと思う事にしている。

さて、本題だが。。。。
海外のサッカーファンが日本の代表に対し経験不足だとか控え選手の層が薄いなどと書いていたり日本人のファンでも今の代表が今うまい選手の代表のようにとらえている面があることに多少憤りを感じるのだ。
代表選手はあくまで監督の草々実現のために必要と思われる選手が選ばれるのであってそのポジションでうまい選手が上から順に選ばれているわけではないと改めて考えてほしいのだ。

わかりやすくいえば前田がフォワードで出る機会が多いが、FWの資質を問う基準の一つだろう得点ランキングでは前田よりいい成績の選手はいくらでもいることは日本のサッカーファンなら知っているだろう。
センターバックで起用される今野だってボランチが本職である。
なんでセンターバックで使われてんの?とおいらは思うわけですよ。
対人が強くユーティリティーなんで控えにいるならわかるが本職のセンターバックを押しのけてポジションを取っているわけですよ。ザッケローニが今野をほかの本職のセンターバックよりも高い評価をしているから使われているというのが現状であって監督が代わればそのポジションには闘莉王がはいっているかもしれないし中沢が入っているかもしれないのだ。
センターバックから今野が外れれば今野がサイドバックになったりボランチで使われる可能性もあるわけでほかのポジションで今使われている選手がベストではなくなるかもしれないのだ。
(あくまで今のベストな選手はザックにとってのベストであるが)
センターバックの基準で考えれば今野は背が低いという問題点があるが栗原などを使えばその問題は解決する。(ほかの面で問題が出るかもしれないが)

今日の試合で活躍した岡崎にしても個人的には彼のポジションは本来FWだと思っている。
岡崎よりもMFの仕事をうまくこなせる選手はいると思うんだよね。相手バックス脳あらをついて得点に絡む能力はほかのうまいMFよりも岡崎のほうがあるからいま岡崎が右のMFのポジションを取れているのだろう。
同様にいろいろと考えると香川が左のMFにいくことで本来そのポジションにいる乾が使われにくくなってしまっているわけですよ。もしかするとそのポジションには宮市なども候補になるかもしれないし代表で使われない若手にもそのポジションのいい選手はいるとおいらは思っているのです。
FWにしてもこのところ前田とハーフナーばかり使われていますが、大迫に可能性を感じているしオリンピックで注目された永井だっているわけです。
監督が違えばDFだって闘莉王や中沢、岩政などがスタメンに入るかもしれないわけですよ。
海外で活躍していないが南アフリカで起用されていた大久保や松井なんて選手だっている。
代表に入ったり落ちたりで言えば柏木や槙野などもいるしJのチームの中心選手でありながら代表に縁がないなんて選手もいるのが現状なんですね。

ヨーロッパの国などは欧州選手権やワールドカップ予選など強い相手や弱い相手によって代表をその試合限定で頻繁に試す機会もありますが 日本はそういう試合が全くないに等しい。
アジア大会などは所詮アジアレベルになってしまうしキリンカップなどで試される選手が現実は代表の控え組の調整試合的になってしまっているわけです。
これでは代表の中心にいない選手が海外の強豪相手に経験を積むなんてことが全くできないことになります。
結果的に若手は海外に出た選手だけが注目されることになってしまっていると思うんですよね。
でも大迫なんてのは個人的にですがいまの前田よりは可能性を感じるんですけどね。。。。
選手層が薄いと言われる控えに永井がいたら面白くないですか?ってことなんですよね。
選手交代の準備をハーフナーがしていると聞く残念な気持ちを考えればそういう選手がいるほうが嬉しいと個人的に思うんですけどね。

おいらは出来るなら日本にもいい選手がたくさんいると外国のサッカーファンに知ってもらいたいと思うんですよね。
だから、できれば第二代表的なものを作ってヨーロッパなどで経験を積ませるなんて試みをしてほしいと思うんですよね。
ザッケローニのような監督の場合 わかりやすく海外組を押しのけてレギュラーのポジションを取っていると言える選手は遠藤しかいないと言えるんじゃないだろうか。
FWは無視してだが。今野のセンターバックは海外組が吉田しかいないしね。

おいらは海外組はそれなりに評価はするが国内組が大きく劣っているとは考えていない。
特に若手のために第二代表的なもので海外を経験させることをするべきだと思う。
まぁJリーグのチームが反対するかもですが。
オフシーズンにヨーロッパでリーグ選抜や代表と試合をさせてもらえばいい経験になると思うんだけどね。
日本選手がドイツなどで活躍しているいまなら良い日本選手を見定める場にもなるのでヨーロッパの理解も得やすいと思うのだが。


なんだかんだで 言いたいことは もっといろんな選手を代表に呼んで使ってやれよー!ってことだ。重要なワールドカップ予選やアジアでの公式戦以外では海外組を使わないぐらいの気持ちでいいと思うぞ。

結果的にだが、おいらはザッケローニが大嫌いだってことだな。
スポンサーサイト