| Admin |
これも違うんでないかい?
2013年06月17日 (月) | 編集 |
川越シェフの店の話で頼んでもいない水を置いていき800円も請求されたという話から派生した問題でどこかの記者が記事にしている。

この話は水問題に対し川越シェフが年収300万や400万の人間が評価するんじゃねぇ!といったという話で盛り上がったわけだが、川越シェフが釈明したという内容だ。

本人の発言とは違った意味でとられたと記事では書いてあるのだが、川越シェフの発言(書いた?)内容では結果的に年収300万円や400万円の庶民としか取れないだろう?
どこでどう捻じ曲がって本人の発言と違う意味なんて言葉になってしまうのか理解できない。

年収300万や400万の人間を仮に庶民に置き換えたところで川越氏の言わんとすることは一般人に批判する権利などないってことでしかなく発言の曲解しようがないと思うんだよね。
そこまでの店にした苦労などというはなしもだしているが客にとって大事なのは味であったりサービスでしかない。苦労したから高い金額にしていいとかまずくてもいいとか、店の不手際に目をつぶれというのは筋違いでしかない。

2チャンネルの記事でも川越シェフの店についての評価を扱った食べログでも★3,5と評価も決して高くなく順位をつければ1万位ぐらいで高級店でもなく川越氏の発言が見当違いだと指摘している。
また、他の客からもいろいろと問題点が指摘されていることからも、川越氏の話がいいわけでしかないことがよくわかる。

おいらは違法の人間で川越氏の店になど行くはずもないから気にすることもないのだが、一つだけ問題視しなければいけないのがこの記事のほうである。

上で書いたとおりに川越氏の発言が違った内容でとらえられたと書くのは正しくないだろう。
どうせ書くのなら、本人が意図しなかった表現をしてしまったことをお詫びするならわかるんだが、発言自体は明らかに差別する発言でしかないということだ。
おいらのような素人が書いている分にはごめんなさいで許してもらえるかもしれないが、メディアで大勢の目に留まる媒体にいる人間が間違った表現をするのはどうかと思うのだ。

前にも書いたがどこかの地方新聞では誤字脱字は当たり前、こんな表現は使わないだろうというものを使っている。記者レベルでは間違いはあるかもしれないが、これをそのまま記載させる上司ってのはどういう仕事をしているのかと思わずにいられないね。

メディアのみなさん、もう少し勉強するべきだと思いますよ。
スポンサーサイト