| Admin |
ケビン・メアには気の毒だが
2013年06月02日 (日) | 編集 |
そこまで言って委員会で橋下氏の話題で盛り上がった。

盛り上がったと言っても橋下批判ではない。
橋下氏自身のやり方には皆一様に問題を感じているが今回は時にアメリカの体質批判だったように思う。

女性の人権に配慮してのことだろう軍隊での表向きの買春の禁止や、原爆を落としたアメリカの問題についての見解などについてアメリカの限界を感じるのだ。

米兵の買春の禁止などは日本のソープランドやパチンコと同様に禁止された内容であるにもかかわらずお目こぼししているものでしかない。
全てを規制することでの弊害をかんがえてのことかもしれないが、結果的に矛盾があることは誰でもわかる。

面白いのは太平洋戦争後にも韓国もそうだしアメリカも実際には慰安婦とどうような売春婦を使っているのだ。
そしてそのことに矛盾を感じない姿が面白いというしかない。
メア氏の話でも強制性はすでに問題ではないなどと言っているが、それが嘘であることは話を聞いていればすぐにわかる。アメリカは基本は禁止していて個人の問題で行われているが日本は違うという点がすべてだろう。
暗に日本は軍が関わったと言っているようにしか見超えないのだ。
先ほどの話の中で自分の知り合いはお金で買うことを否定する人の話をしているわけで そのことが真実なら自分を正当化する手段に使っているというしかない。
理由は簡単で当時の日本は公娼制度があり売春が公に認められていた時代だという背景を無視した発言でしかない。

原爆の問題でも墓穴を掘っていた。
アメリカは原爆問題で公式には日本に謝らないと即答している。
日米の関係で大きな問題ではないと言ったんだが、確かにそういう面はあるとしても原爆被害にあった日本の認識とアメリカの認識が一致するはずもない。
現にアメリカ国内でもあれは戦争犯罪だという声はあるわけで、一言で謝らないというのもおそらくは間違いだろう。
なぜかといえば時代が変われば意識が変わるというのを今実際に感じる瞬間はあると思うからだ。
捕鯨問題もかつては欧米が一番とってきたのに代替燃料が見つかり動物の絶滅という問題が大きく取り上げられるようになってきたから捕鯨禁止と騒いでいるのだ。
かつてアメリカにあった奴隷制度もなくなったからアメリカでも人権問題を語っているのだ。
そして他国の人権問題に口を出している。
ある意味自分たちの考えの変更を他人に押し付けているのだ。自分たちの価値観を押し付けてきたのだ。
この原爆の問題も世界中で考え方の潮流が変われば謝らないといっていることが間違いになるときもあると思うね。

言っておくがアメリカがどう言いつくろっても日本が本気で橋下発言を取り上げ引くことなく突き詰めれば世界中で大きな問題になると言っておく。
日本はなぜアメリカにかてないのか?という話を前に扱って書いたことだが、アメリカに勝つ必要がないからだとおいらは書いている。
その方が結果的に日本がうまくいくという考え方があるからだと思っているのだ。
だが、もしアメリカが本当に日本を叩き日本がその気にさえなればアメリカも火事になるのは間違いない。
アメリカはいつだって慰安所を求めていたし兵士は風俗を利用しているが暗に認めているだけの詭弁でつくろっているだけだからだ。
詭弁を詭弁だと指摘しほころびを作ればいいなら日本にはいくらでも資料はあるはずだ。
太平洋戦争前にアメリカが中毒を支援する際に慰安所を要求し、GHQが来た際も結果的に慰安所を使っていたのだ。
お金を出す云々に関して言えばアメリカは金を使わず戦争に勝った力で慰安所を作ってきたのだ。
金と暴力、どっちもどっちだろ?

ついでに、慰安婦問題を戦争の美化などという話をメア氏も少ししていたが、それこそ事実を見ろというしかないだろう。
日本を批判している国で日本より長く平和が続いている国はおそらくあるまい。
世界が何と言おうとこれが現実だろ。

日本が敗戦後にアジア諸国は独立戦争を戦ったり、内戦を経験しているだろう。
中国は内戦にくわえ侵略を繰り返している。
韓国は南北で戦争をし今もなお停戦でしかない。
アジアの独立に際し植民地としていたヨーロッパ諸国はアジアで戦っただろう。
アメリカは今でもどこかで戦争にかかわっている。

なぜそんな彼らに戦争の美化などという言葉でひはんされなければいけないのか?と思う。
しいて軍備が必要なわけを言わせてもらえば日本を敵国や仮想敵国などと言っている国が存在しているからでしかない。
日本は国連などを通じ世界貢献もしていることをもっと評価する必要があると思う。

アメリカ人のおかしなところの一つがメア氏の対し指摘した一つに現れていると思うが、慰安婦の問題で客観的な証拠は見つかっていないという声に軍が関わった証拠はあるのかといえばあるという。
何ですかといえば、結局のところ維持のための医療や移動の際の船舶の手配などを言っている。
バカバカしい。慰安婦を集めることと維持するために手助けすることは全く意味が違う。
彼らは知っていながら自分を正当化する手段としてそれを証拠にしたいだけでしかない。
他にはと聞けば証言しかないのだ。
法治国家が聞いてあきれる。

地位がそういわせているのかもしれないがメア氏でさえ、テレビでこういう発言をするのだ。
一つ一つ問題を整理していくだけで多くの外国人が誤解を解いてくれると思う。
勿論中には聞く耳を持たない人はいるのだろうが。

日本が朝鮮を併合したことを世界がどう受け止めたかから始めてやればいいのだ。
慰安婦の待遇についてはアメリカも調べているから公にしてくれればいい。
日韓基本条約を知っているかと聞けばいい。
慰安婦問題が大きく取り上げらてきた経過を言ってやればいい。
ついでにアメリカの議会がどういうものかまで言ってやればいい。
韓国が、アメリカが1945年以降にどうやって来たかを言ってやればいい。

彼らはどこかで都合よく現代の基準をもちだし混同させて来るだろう。
意思に反して慰安婦になった人がいる。当たり前だろう。
現代だって借金で首が回らず風俗に身を置く人間などいくらでもいることだろう。
どう違うのかと聞いてみればいい。
慰安婦問題を言い続けている人間が本当に求めている内容を教えてやればいい。
彼らは日本人慰安婦の存在をまるでなかったもののように扱っているだろう。
強制はなかったか?おそらく否定派でも全くなかったとは言わない。
オランダ人などがそれこそ軍の指導に反し慰安婦にしたなどという事は判っている。
それだって違反者は処罰されたのだ。国権で強制などはなかったのだ。

この問題はそれこそ桜井女史あたりがアメリカのテレビで慰安婦問題を訴える人間と初めから一つ一つ誤解を解いていくやり方でしか誤解を解くことは出来ないと思っている。

まぁおいら個人は外国の人にどう言われようと自分が信じることで納得するしかないと思う。

人間どう頑張って説得しようとも分かり合えない人がいるということをおいらはすでに知っているからね。
スポンサーサイト