| Admin |
橋下発言について
2013年05月26日 (日) | 編集 |
そこまで言って委員会でも話題になっていた。

今日は女性パネラーの日だったのでいつものパネラーは客席の前で意見を言っていた。

おいらは桜井女史は好きな方だが 時々妙に弱気になることがあると思う。
どういうときかといえばおいら個人の考えだがアメリカがらみになった時だ。

きょうの話の中でも、パネラーが当時慰安婦は必要という話をイエス・ノーで答えていたが半数以上がイエスだった。中には女性に頼らなくてもできるでしょなんて意見もあったがそういう意味だけではない。
前にも書いたが、男を知らない若い人間もいたわけでせめて女を知ってからなんていう部分はどう考えるのだろう。これって女の人が死ぬ前に結婚生活を送らせてあげたいって気持ちと通じるものだと思うのだが。

少しずれたけど、戦争突入前に中国を支援していたアメリカが慰安婦が集まらないと言って一年間仕事をしなかった話を持ち出しアメリカも同じだったことを裏付ける話をしていた。
きょうも2ちゃんには韓国の朝鮮戦争時の慰安婦の話などが詳しくでていたし所謂進駐軍として日本に来ていた米軍のための慰安所のことも書かれていた。

桜井女史の話に戻すと中国や韓国のロビー活動の危険性を指摘するのは結構だがアメリカを刺激しないようにという弱気な配慮はどうかと思う。
慰安婦というものが外交のカードになるってのは日本を見ていてハッキリしているわけだろう。
桜井女史は討論番組などでも自らねつ造とさえ言っている人間だから ここで海外の指摘する慰安婦がらみの問題に弱気になる必要は本来ないと思うのだ。
日本は同じカードを韓国にもアメリカにも突き出せばいいだけのことだ。
せめてそれを匂わすぐらいのことはするべきだろう。性犯罪という言葉だけで欧米が嫌悪するなんてのは判りやすく言えば自分たちのことまで言わせないための手段でしかないと思う。
橋下氏もアメリカに言い過ぎたと謝っているが、おいらは具体例を挙げてやればよかったと思っている。
まぁ風俗をつかえは言い過ぎだが。
進駐軍が来た際に慰安所を作らされたとか、朝鮮戦争でも韓国が軍の関与で作っていたぞ そして国連軍が利用していたぞって言ってやればいいのだ。

ただでさえ日本を批判したい人は批判するのだから新一を知ろうとする人は調べてくれれば儲けものだろう。
日本はアメリカに助けてもらっているから配慮するってのは間違いではないが、卑屈になる必要はないと思う。
アメリカがふれてほしくないことを日本は話さないというならアメリカの人も同様にするべきことだろう。
アメリカ人が徴発するならこっちはこっちでカードを切るぞというのは普通にするべきことだろう。

桜井女史にもう一つ注文を付けるとすればTPP問題だ。
彼女は賛成派である。
おいらはこれも対アメリカのための媚びだとしか見えないのだ。
中国に対する包囲網云々いうのなら、単純にアメリカ式を飲むこと以外にできることなどいくらでもあるだろう。
常々思うのだが日本が提案する組織をつくれば一番いいのだ。

まぁアメリカも話が大きくなることは望まないだろう。
それをわかっていてほかの問題で橋下を下げるためにこういう話をし、ロビー活動は必要と国民に思わせるために危険と訴えているならもう少しアメリカへの配慮という色を見せない方がいいと思う。
スポンサーサイト