| Admin |
まぁ地方は地方で
2013年05月21日 (火) | 編集 |
先日ももクロの5thのライブ映像がBSで放送されていた。

個人的には一連の流れの中でマスクをつけることはそれなりの狙いもあり悪いことではないのはわかるが、なにぶん学生がいてただでさえ露出が多くないももクロちゃんたちを見るのにマスクは嬉しくない。
すべてのDVDを持っている人が集める分には何の問題もないが、小遣いで買う身などにとってはすべてを買うことができなかったりするわけで、そういう人たちの満足度を考えればほかのDVDにも興味がある人にはそちらをお勧めしたいと思う。

でもまぁ、見たときに思ったんだが動画で結構な数をみているおいらだが、この映像では彼女たちの声の調子はかなり良かったのではと思えるできだったように思う。

それでも、個人的にはほかのライブに比べると残念に思えるのやっぱり顔が半分隠れているところにあるな。
もう一つがサイリウムの規制だ。
見続ければ使ったみたいだが、おいらは演出への不満がつのり途中で世界卓球にチャンネルを変えてしまったのだから見逃した。

個人的にはこの企画も朝鮮の一部と受け取って肯定している記事を多く見るんだが、見る側がちゃんと反応することは必要なことだと考えている。
したがってこうだったらよかったのにとか、意見は言うべきだと思う。まぁそれに対する反対意見もあっていいと思うけどね。

おいらは元々大して音楽にも興味がなくアイドルにも画面の向こうの人という見方をしている人間なんで、他のアイドルなどには対して興味がない。
したがってももクロ批判をされたって ああ、そう見る人もいるんだ程度にしか感じないが それに必死になって反論する人がいるしほかのアイドルファンを批判というか下げることで優越感を得る人がいるのは多少残念に感じる。
おいらはももクロを好きなことを他人と比べようとは思わない。
自分の範囲で好んで見ているわけで勝負しているわけではないからだ。

勝負となると 基本的にいまのおいらなどは勝つチャンスもないだろうw。
なんせ大分の田舎の人間である。
コンサートなどが近くで行われる機会もない。
関東近辺なら例えばだが、会場まで2時間でいけたりすればそのまま2時間かもしれないが、田舎はそもそも電車の本数が違うw。
関東なら5分おきにあるかもしれないが、田舎では30分に一本とかでしかないのだ。
横浜だろうが埼玉だろうが2時間でいけるって人と同じ感覚で応援の勝負などできるはずもない。

したがって地方の人間は地方の人間にできる範囲で応援していることだろうと思う。
どこそこのライブを見たっていう記事はよく見るが、ただただ羨ましいのだ。
それが例え小さくしか見れなくても生で声を聴ける喜びはおいらにはないからね。

大昔には西武にもいったことはある。コンサートではハウンドドッグを見たことがあるが、アリーナ席でさえ小さくしか見えないし周りが皆たっているのでそれさえも良く見えない。
結局スクリーンばかりを追いかけているのだが、音だけは生で感じれるのだ。
仕事の関係で幕張や横浜などにも言っていたが はるか昔のことw。
西武だってドームになる前の話だ。

いまでは田舎の人間である。
ももクロちゃんも画面でしか見ることができないのだ。

だからこそ、あくまで個人的にだがマスクで顔を隠してほしくないのだ、

この演出がありだという人も実際にいるのだろう、そういうコメントをたくさん見ることができるのだから。
しかし、個人的には踏み込んで聞いてみたい。
マスクで顔を隠すのはありかもしれないが顔が見えるのと隠れているのとどっちがうれしいかと本音を聞いてみたい。

おいらだって個人的には演出でマスクはありだと思う。
しかし、先日の映像では0:10分から始まり1時近くになってもマスクをしていたのだ。
残念すぎない?
正直暗転し衣装が変わるタイミングがあったのだがせめてそこでマスクは外してほしかったのだ。
そのままゲッダーンもマスクをしたままだった。

マスク越しのうひょ顔もありだという声があったが、正直に答えてほしい。
マスクなかった方がより良かったんじゃないのか?と言いたい。

まぁなんだかんだ言ったって後の祭りだし、実際にこのコンサートの後に行われた西武ドームなどで同じではなかったわけだからあくまで実験は実験だったのだろう。
個人的にはいいものはいい、こうだったらもっと良かったって意見を言うことは必要なことだと思う。

まぁ本来は時系列に沿って行われればいいんだが、少し前に行われたコンサートの映像をそれ以後を知ったうえで見て批評するっていうおかしな話なんだよね。

そういう意味ではその後を知っている分 あれはあれで良かったって評価も間違っていないしこうだったらもっと良かったって意見も間違っていないように思う。

まぁなにはともあれ、おいらは自分で自分をモノノフとは認めないが モノノフ同志で争うことは望ましくないし人どれぞれの考え方に理解はするべきだと思う。
共通していえるのは皆がももクロちゃんを応援する気持ちを持っているっていう点だろう。

おいらは演出の佐々木氏の仕事は評価するが、身内の褒め殺し的な話は業界人らしくて好きではないw。
5thの演出は岡本氏らしいが彼にしてもどうやら長くももクロには携わっているのだろう、この演出だけで判断してはいけないと改めて自分に言い聞かせようと思う。

まぁなんにしても地方の人間は接する機会が少ないんだよっていいたい!
大分にもきてくれ~!
スポンサーサイト