| Admin |
駄目だ、見るのを止めよう!
2013年05月19日 (日) | 編集 |
楽しみにしていたBSの番組を途中で見るのを止めようと思った。
ももクロのライブである。

おいらはど新規なわけだが、所見がほかのライブ映像で良かったと思ったな。
おいらは元々音楽番組を見る人間ではない。
そして世間でももクロが知れ渡る切っ掛けにもなったであろうバラエティー番組も正直おいらが見たい番組リストにははいっていなかったわけで紅白も見ていないしまったく知る機会はなかったのだ。

それが3月にBSでたまたまPCを操っているBGMでももクロのライブ絵う像を見たことで嵌ったのだ。
画面で揺れるサイリウムとももクロの曲にある通り歌と踊りで心を奪われたのである。
正直歌と踊りだけではもともとBGM的にかけていた番組なので心は奪われなかったかもしれない。
モノノフが降るサイリウムと全体の熱量、そしてっそこで見える彼女たちの何より楽しそうな姿が目を引き付けて画面にくぎ付けにされたのだ。

その映像のあと(深夜だったが)そのままPCにかじりついてほかの映像を見まくった。
それから毎日見てきたのだ。

だからと言ってももクロ関連はなんでも最高と言えるほど子供でもないと思っている。

記事などでドリアンマスクへの否定的な話は見てはいたがMVなどで使われる分には気にはならないと思っていたんですが、実際にマスクを着用する姿においらも否定的になってきちゃったんですよね。

切っ掛けは5時間ライブのトークでハーフマスクをつけっぱなしたことです。
ビデオ映像などをはさむとはいえ、おいらが見た動画では曲はカットされていたためトークでずっとマスクをしていたんですが、声は曇るしももクロが見たいのに顔が隠れていていいとこなしに感じました。
コンサートなどでも使うだろうけどせいぜい2~3曲ではずすとしんじていたんですが、今日の映像で長い時間つけっぱなしになっていたことで衝撃を受けましたよ。

違うだろと。。。。

kwkm氏はプロレスのように客を楽しませるには何でもありといったわけで この演出がファンが見たいもの欲しいものとは違うと気付いてほしいと思います。

おいらは基本的にももクロちゃんたちの周りも批判したくははいんですが、これは違うだろとしかいいようがありません。
ももクロちゃんたちを納得させるのに上のステップに上がるために必要なこと みたいな話を多分されたんでしょうが おそらくそんなのはその衣装にかかわる人の大人の事情でしかないと思います。
だってももクロを好きな人がももクロの顔を見ないことなど誰も望まないのは誰が考えたってわかることでしょう。
演出でプロレスのマスクをするのは納得できますよ。普通に考えればそんなものはその場限りだろうしせいぜい2~3曲だろうと思えるから。

残念なことに先ほど見た映像ではかなり長い間マスクで顔を隠したまま歌っていました。
ゲッダーンのうひょ顔もマスクをしたままです。
そういう不満があるまま映像を見ているとサイリウムがないことも不満にしか感じられませんで頭の中が不満でいっぱいになってきてしまったんです。
ももクロを好きになって初めての経験です。(5時間ジャックの映像も不満でしたね^^;)

まぁよく考えればその後の西武や昨日のコンサートではこういう不満はまったくなかったのでよかったと思うんですが。

おいらの頭の中では、ファンを喜ばせるのに何でもありというkwkm氏が発案というよりも動画で見たレコード会社関係の人の意見が通った企画なんじゃないかと勝手に想像し納得しておきます。
CDのセールスのための演出ってことで。。。

でも個人的にはこの演出は基本的に褒めるファンはいると思いますが(ももクロのブログでこの映像見ている人が実際に褒めまくっているわけで。。おいらはそこに不満はかけませんでしたから)それはももクロちゃんのすべてを受け入れるという人たちでそういう形を望んでいるわけではないと信じています。

動画を見て知っている人は彼女たちのグダグダな緩い姿を見たいといえるのは彼女たちの表情が見たいからでしかないと思うのです。
魅力を隠さないと成長できないってのはプロの姿ではないと思うんですよね。
魅力を見せつつ成長する姿こそ人前に立つスターの姿だと思います。
誰もが知っているももクロは決して最高の歌手でもなく最高のダンサーでもないがモノノフが世界一大好きで最高の笑顔でモノノフを喜ばせることを楽しんでくれるヒロインなわけですよ。
モノノフの最高の笑顔を得るための武器を出し惜しみするのは残念なことというしかないしkwkm氏のももクロらしくないとおいらは思います。

したがってこのツアーの映像だけは個人的に封印したいですね。


ああ、ユースト見直してたらツアーの演出は岡本って人だった。。。
スポンサーサイト