| Admin |
面白いよなぁ。
2013年05月09日 (木) | 編集 |
韓国の大統領がアメリカを訪問して相変わらず日本の悪口ばかりを言いまくっているようですね。

日本は鏡を見る必要があると。。。。

日本は十分なことはしてきていると個人的には思っています。
払わなくてもいいような国にも戦後賠償を行い独立資金がない国にも資金を提供し独立を助けたりもしました。
韓国とも基本的に日韓基本条約で解決しているはずなんですが相手国が尋常じゃなかったというしかないでしょう。
漢江の奇跡と自らいっているような復興の陰に日本から得た資金と技術供与などがあったのですが、彼らはそれを画し自らの手で立ち上がったと錯覚してしまったのです。
ちなみに今でも韓国は自立できていません。
サムスンでさえ、彼らが世界一になった技術の肝心な部分は100%海外からの輸入に頼っているのですから。

ああ、そうだ おいらはこんな話をしたいわけではない。

面白いのがアメリカの対応についてである。

元駐日大使のシーファー氏らでさえ日本の歴史認識に問題を提起しているのである。
ほかにも同様の話を持ち出すアメリカの議会の議員が大勢いるようなのだ。

面白いと言わざるを得ないとおもうんですよね。

個人的には日本の議員など悲惨なものだと思っているんですが、アメリカの議員だって似たようなものだという事なんでしょう。
ロビー活動をしている人たちのいいなりになってしまうんでしょう。

アメリカの議員なんてものも結局資金を集めるためにはある程度何でもありなんでしょう。
このことはアメリカの映画などでも面白おかしく描かれていたり、辛辣な表現で描かれていたりしています。
娯楽映画などの中で描かれていたりするのでさらっと流してみてしまいますが、スポンサーの利益を守ろうとする議員などは普通に描かれているんですね。

ことは簡単で日本が韓国を併合した当時のアメリカや世界の状況を調べてもらえばおよそのことはすぐにわかることなんですが、彼らはそういう面倒なことはしないのです。
日本の韓国併合が世界的に問題がないとなれば韓国が言うことなど何一つ真実性がないことはすぐにわかります。
歴史に少し詳しければ韓国が言う日本の反省の中に韓国が含まれず、逆に韓国は日本と共に反省するべき立場にあることもわかるはずです。
韓国はそれに加え、日本には反省を求めているが世界大戦後にベトナム戦争での行為や慰安婦を自分たちがお混っていた過去についての問題を全く反省していない国であることもとりあげなければなりません。
韓国の人たちにとって問題なのは日本を叩く理屈だけであって自分たちが行ったことに対してはどんな理屈をつけても正当化したいし正当化できなければ棚の上にあげておくことも問題ではないようです。
そういう意味では韓国の大統領が言う鏡を見ろというのは寧ろ日本ではなく韓国の人たちにこそ必要なことだろうと思います。

ちなみに先日、中国の人たちのリポートをテレビでやっていました。
信号が赤でもわたってしまう人たちに意見を聞いているのです。
皆が皆 自己中心的で協調性を全く理解していないのです。
前の人が渡ったから。。。車は止まってくれる。。。なんで止まらなければいけない。。。急いでいるんだ。。などと自分の都合しか考えていない答えが返ってくるのです。
全ての人がこういう人たちではないんでしょうが、こういう人が少なからずいるんですよね。
韓国も同様なんだろうと推測できますね。だって、自分たちのことは棚に上げてもいいと思っている人がいるようなんですからね。

ユーチューブで言われていた話ですが、日本という素晴らしい国をなぜ作ったと神様に問うたら神様は心配するな隣に韓国を作っておいたというような話を思い出します。
ちなみに戦後60年以上が経過している中いまだに戦争を引きずっている国はおそらく韓国・北朝鮮・中国の三国だけでしょう。
その三国すべてが日本に近い国なんですよね。

そういう意味ではアメリカが日本に行ってきた戦略はうまくいっているってことなんでしょうかねぇ。
日本が大人しく相手の要求ばかりを聞いていることで増長するんでしょうね。
もっとも、理由は違えど戦前から日本は戦争を嫌い我慢できる範囲では相手に譲歩しているんですよね。
イギリスが何を言っても日本は応じてくれる、調子に乗って無理を言ったときに戦争になりイギリスは艦隊を失いこんなに強いんならなぜこれまで無理を聞いてくれていたんだと?と言ったという話まである。

まぁ日本は相手の立場に立ってものを考えるってのが国是のような国なのである程度は仕方がないと思うのだがこのままでいいわけではないだろう。

アメリカの議会がまともではないのは過去の歴史を考えても理解できるはずだ。
日本が急成長し東京の土地代でアメリカ全土が買えるなんて時もあったほどで、その頃のアメリカの日本たたきを考えれば多少の抵抗は我慢ができるというもの。
アメリカとは無関係の慰安婦像がアメリカに建てられることも基本的にはどこかの資金g義気に影響を与えたという事だろう。
結局はそんな国でしかない。

小さな議会の中ではそんなものでしかないのだ。
しかし、アメリカの動向を左右する場ではそこまでにはなっていないのだろう。
世界に与える影響では日本と韓国では違いがありすぎるからね。
上でも書いたことだが、特許などにしても日本と韓国では桁が違う。
経済への影響を考えれば日本は無視できない国なのだ。
東日本大震災で工場がストップしたときには世界中で生産がストップしたものはすくなくないはずだ。

まぁアメリカでは一部が一部の人たちを喜ばす程度のことをするのはどうでもいいことなのだろう。
金の生る木は利用できる範囲で使わなければ損だということなんだろう。

所詮政治家ってのはどこの国でも地位や名声、金が好きな人間がやるものでしかないんだろうね。
スポンサーサイト