| Admin |
雑談かな・・・
2013年05月08日 (水) | 編集 |
おいらは翻訳ブログを読んでいる。

きょうは本音と建前についての記事を見た。

日本にホームステイをしている人が挙げた記事に対して外国人の人たちが意見を書いたものである。

大体二つの意見に分かれている。

一つはどこの国でもそういった面はあるよってものと、個人的にはこういうのは苦手だというものだ。

日本では直接的な表現は昔から避ける風習のようなものがあるが、外国でも心優しい人などはそういった表現は避けるという意見が上で挙げた前者の意見で、一方では言いたいことは言い合って後に引かないのほうがいいという意見なのだろう。

おいらは日本人がいつまでたっても外国人を外国人扱いすることを嫌がっている人のブログとそれに賛成する意見の人に対して それは仕方がないことだという思いを持っていたんですよね。
中にはそれは単に事実を言っていることでしかなく悪意ではないので気にしないなどという意見もあったりするのだが、本質はそこではな印じゃないかと思っているんですよね。
確かに外人っていう日本人の表現は悪意ではないケースが圧倒的だろうし、ある面では適格なんだろうとも思うんです。

しかし、ある面では違っているんじゃないかなぁと思うんですよね。
それは長く日本にいるとかそういう事ではなく日本に来ている外国人が日本的な風習であったり感情が身についていれば外国人扱いしないと思うんですよね。

昨日だったかおとといだったかにテレビで村に住む外国人を探していたんですが知らないという人ばかりだったんですよね。小さい村なんで外国人がいればすぐにわかりそうなものなんですが。
そしたら、そういえばって後から追いかけてきていますって言ってくれた村人がいて教えてもらったわけなんですがフィリピンからきていた人が近隣に何人もいたらしいんですよね。
嫁不足かなんかで来たフィリピン妻が数人いたようですが、まぁなじんでいて外国人だと忘れていたような雰囲気なんですよね。

日本人の風習などもわきまえ日本人として振る舞っている人は日本人だって外国人だって忘れることがあるんですよね。
要は日本人を理解し日本人になり切ってくれる人は外国人と区別しないのも日本人なんじゃないかとおもうんですよね。

もうひとつ、所ジョージの番組でアメリカ人が日本に来て子供たちを教えていたんですが、すごくいい関係だったようなんですがアメリカ人はアメリカ人なんですよ。
日本人にとっては日本人以外は外人(外国人)なんですよね。日本国籍を取れば違う言い方になるかもしれませんが。
外国人ってのはアメリカ人とかフランス人とかどこの国かわからない人の総称でしかないわけです。
外人って言われて気を害する人ってのはおそらくですがアメリカ人とかフランス人といわれていれば気を悪くすることはないのでしょう。
日本人にとっての外人ってのはそれほどの意味でしかないってことを理解してほしいと思いますよね。
同時に、外人っていう言葉に気を悪くする人が日本人として扱われたいってのは我儘なんじゃないかと思いますね。
だって日本人のことを理解できていないって思いませんか?なのに日本人として扱われたいってのはある意味虫のいいことでしかないと思いますね。まぁそれでもそれで差別する人も日本人にはいないような気もしますけどね。
日本は特殊な国で日本にいる人間の95%以上が日本人らしいんですが、海外のようにいろんな人種が混ざって生活をしているわけでもないという事を理解してほしいですよね。
それが理解できない人が悪口のようにいうのはどうかと思いますね。
まぁ、おいらが見ているブログに書いている人たちの少なくない人が日本が好きで日本に来ていることを考えれば違和感として書いているだけでそこにコメントをしている日本を知らない人などが書くネガティブな意見とは違っていて単なる自国や知っている国との違いとして書いているのだろうと思いますけどね。。。。

まぁ皆が皆否定的なわけでもなく日本を理解してくれる人が結構いるのも事実なんで些細なことなんですけどね。
スポンサーサイト