| Admin |
浅田真央 ソチで引退!?
2013年04月14日 (日) | 編集 |
国別対抗を終え浅田真央がソチで引退を示唆という記事があった。

おいらはこういう場合、日本って国の言葉遣いに疑問を感じる。

浅田真央は引退するのではなくプロスケーターになるということではないのだろうか?

高校球児がプロ野球に進むときに引退という言葉を使うだろうか?考えてみればいい。
引退ではなくプロになるという事だとおいらは信じる。


個人的に思う事だが、日本のメディアは少し言葉の使い方がおかしいのだと思う。

イジメ問題に体罰問題、これらの多くはイジメの枠を超えたから問題になっているのであり体罰を逸脱した暴力行為が体罰問題になっていると思うのだ。
少し内容はズレるが、人権問題などもメディアの扱いはおかしい。
加害者の人権にはうるさいが被害者の人権を脅かしているのがメディアだと思える場面が少なくない。

どこかの国会議員が新大久保とかで起きた在日排除のデモなどでの差別的発言などを訴えている問題がある。
不思議なことに朝鮮人が言われる言葉には反応するのだが、日本人が受ける差別的な言葉や政治的な発信については彼らは何ら問題にしていないのである。
先頭を切っている議員は元朝鮮人だかで議員になった際も積極的に南朝鮮の利益に貢献したいと言いう旨の言葉を発したという記事をどこかで見たように思う。(あれ?これは違う議員だっけ?)

某前政権党の議員だったと思うが、日本の国益について語るのは当然だが、日ごろから日本と敵対しているかの発言をしている国の国益のためとか言っている人間を議員に起用する姿勢に問題があるのだろう。
彼らはそのことに気が付かないために今後も議席数を減らし続けるのだろう。
残念なことにアンケートではそんな政党の議員が次期総理候補に名前を上げる国民がいることも残念なんだが。

アイススケートの世界では世界のトップのままプロの世界に転校する人間はいくらでもいる。
プロに転向した方がスケートで飯を食っていると感じられるだろうし、多少なりとも自分の意思での行動ができるだろう。
荒川静香もオリンピック後にプロに進んでいるわけで、オリンピックはプロに転向する際のいい材料にもなっているのだ。
浅田真央選手はすでに大きな大会でいくつも勝っているわけで その実力はプロで十分通用するだろう。

某選手などはネットなどでジュニアのプログラムで銀河点を出している不思議などといわれているが、プロになれば細かいエッジの問題などからも解放されより浅田真央の良さが出るのではないかと想像する。

ジュニアでも日本選手は活躍しているようなので新しい選手が出てくることにも期待をしていきたいですよね。

それにしてもメディアってのはどうしてこんなにふさわしくない言葉遣いをし続けるのか。。。

まぁ日本ではスケートのプロってものに対する認識が低いってのもあるのだろうが、こんな表現を使っているとスケートを辞めるように感じる人がいるだろう。
本来はおそらくはスケートを職業にすることでステップをあげるための卒業というべきなんだろうと思うな。
スポンサーサイト