| Admin |
ヨルダン戦の試合後の後味が悪かったらしい
2013年03月28日 (木) | 編集 |
おいらは気が付かなかったがレーザーの他にもいろいろとあったらしく、ヨルダン戦は結構後味が悪い試合になったようです。

ザッケローニは相手の選手から首切りポーズを何度かされ頭に来たらしいし、サポーターは試合後にヨルダンのサポーターに囲まれヨルダンの国旗にキスしろと迫られたり 形態をとられたりした人もいたらしい。
女の人はお尻を触られたり痴漢被害もあったという。

アジアで試合をしてここまで治安の悪い試合は中国で行われたアジア大会など以来ではないだろうか?
中国の場合は警備が割としっかりしていたから日本のサポーターが被害にあうということもほとんどなかったと思うのだが、今回ばかりは日本が負けたために彼らを有頂天にさせ結果的に被害が出てしまったようだ。

このことについてはレーザーなどより厳しく協会に指摘してもらいたいと思うな。

サッカーに限らずスポーツはファンあってのものであるわけで、海外との試合はより重要だし注目を浴びる。
ワールドカップの南アフリカ大会などでも現地に応援に行った人はいたが こういう後味の悪い結果を聞いたのはおいらとしては初めてかもしれない。

サポーターが被害にあったということが一番後味が悪いことだよな。。。。
スポンサーサイト