| Admin |
あらてめて見る本田?香川?
2013年03月25日 (月) | 編集 |
サッカー日本代表のトップ下の人選についてである。

おいらは常々香川をトップ下にと書いている。
しかし、現状では香川がトップ下で使われる際に本田不在で使われるケースやチーム全体のコンディションに問題がある場合に限って香川がトップ下にきていると思う。
前にも書いたが香川がトップ下に入るならそれなりにふさわしい条件を整えてやる必要があると思っている。
それは香川に近いポジションにボール交換ができる選手を置くということである。

それには基本的においらとしては1ボランチを実行してもらいたいと思っている。
守備的になった場合遠藤などが1ボランチでは心もとないが個人的には1ボランチでやる場合に今野などが努めれば十分いけると思うのだ。

個人的にはトップに今一番ふさわしいのは岡崎だと思うし両サイドには清武に加えドイツで結果を出している乾を使い香川のそばに本田や憲剛、場合によっては遠藤でもいいがこういうボール交換ができる相手を置くべきだと思う。
単純にいまザッケローニがやっているフォーメーションのままで香川をトップ下で使うには厳しいのかもしれないと思う。
香川自身はドリブルで抜いていく選手でもないし本田ほどのキープ力があるわけでもないだろう。

しかし、CMFならばキープ力が生きるかもしれないがトップ下というポジションはシャドウ-ストライカー的なものが必要でその力に関しては香川だろうと思うのだ。
本田がトップ下と言われているが現状ではトップ下ではなくてCMFでしかないと思っている。

トップ下というポジションを言えば適正は香川にこそふさわしいと思うのだ。
しかしそれには条件がいるということである。
ドルトムントでもそうだったと思うが基本的に近くにボール交換ができる選手がいてこその香川だろう。
ザッケローニが今のフォーメーションでいくなら香川が真ん中に入ることは正直難しいと思う。
そして個人的な意見ではあるが乾も本田がセンターにいる場合ではなかなか使われないように感じるのだ。
香川がそのポジションに来ることが予想されるうえにプレーの内容においても本田がとるであろうポジションと香川が取るであろうポジションの違いもあるように思うのだ。

WCの本番は別にしてアジアで戦う際に基本2ボランチいらないだろ?
フォーメーション的にも相手も1トップの場合は現状多い。4バックでサイドが上がっていても二人で1トップを見ると思えば十分でなければならない。
そう考えれば日本が取るべきフォーメーションは1ボランチだと思うな。

まぁどうこういったって前にも書いたと思うが所詮はザッケローニの考え方次第でしかない。

あれこれいったところで仕方がないということだろう。
ザッケローニも3バックとかやりたかったようだが現状では4バック、2ボランチの戦い方で結果だけは残っているのだ。
個人的には本当の強豪に対した時にいまのフォーメーションでは守るだけなら何とかなるかもしれないが点を取ることには厳しいと思うし点を取るサッカーをしてもらいたいのでフォーメーションはいじってほしいと望んでいる。

それにしてもだ、個人的な感想でしかないが本田をトップ下でという人には記事で書く際に本田△と書く人が多いように思える。
ハッキリ言って個人的にこういう書き方は好きではない。
本田はキープできるかもしれないしパスもつなげることはおいらも認めている。
一方でキープすることはスローダウンにもつながるわけで個人的には好きではないのである。
間を作るにしても個人で持つよりも安全にパスを回すことでも間はできるわけで、おいらとしてはそういう展開を望んでいるのだ。

岡田監督よりはザッケローニのほうが基本、評価したいと思うが それにしてもせっかく呼んでも使わないとか使ったとしても使い方に疑問が残る。
やりたいサッカーでメンバーやポジションを決めるのだろうが、どうせ使うなら選手にあった使い方をもう少しするべきだと思うな。
フォーメーションが最優先では選手が生きてこないこともあると思っている。。。。

まぁサポーターが10人いれば好きなフォーメーションや選手起用も10通りできるぐらいなんだと思うので、監督やほかの人の意見が間違っているという事もないしおいらの意見も考え方の一つだと思うけどね。
まぁ好きに語り好きに見るのだ大事だろうと思うな。
スポンサーサイト