| Admin |
面白いね
2013年03月24日 (日) | 編集 |
カナダ戦での感想を多くの人が語っている。

香川にダメを出す人がいれば皆のコンディションが悪い中それなりにチャンスを作っていたという人がいる。

そんな中で出場していない本田を絶対的に押す人がいるんだよな。


おいらは基本的に本田のプレースタイルは好きではない。
どちらかといえば憲剛のほうがうおっぽど好きである。

それでも本田が選ばれれば本田にも活躍してもらい日本が勝つことを望んでいる。
本田を押し香川を批判する人は香川のプレーに一人でドリブルで抜ける力がないとかミドルのシュート力がないとかいう声が出てくる。

おいらもその点では否定はしないが、香川は香川で人との連携には優れた面があると思っている。
一人で抜けないならワンツーで抜けるセンスがあると思うのだ。味方にパスをだしすぐにもらえる位置に入れる選手でもらい方がうまくシュートにつなげるのがうまい選手という評価である。
おいらから見れば香川は周りに引っ張られるケースが多い。
香川の周りでうまくサポートしてやれば香川も生きてくるし香川と連携する選手も生きてくるのだが、残念ながらまだ日本の選手の間では香川がボールを出しやすい位置に入ってくる選手が少ないように思える。
そういう意味では憲剛や本田は香川からボールをもらい香川に出せる選手ではあると思う。

おいらが本田を憲剛より下に見てしまうのは本田の場合狭い地域で香川などと連携する以外では本田がボールを長く持ってしまう傾向が好きではないのだ。本田はボールを失わないで入れる選手ではあるのかもしれないが個人的にそういうスタイルよりは簡単にボールを回す選手のほうが好きなだけである。
本田だってやればできるのだが、彼はボールを持つのが好きな選手であるために基本的にそこでボールが落ち着いてしまうのが好きではないのだ。
このことは実は香川にも当てはまると思っている。
香川のプレーで彼が簡単にプレーしない(できない)ときっていうのは結局香川自身もいいプレーができていないと思うのだ。
単純な例でいえば香川が先日ハットをやった試合で見せたような香川がボールをだし見方が再び香川にボールを返しワンタッチでいい位置にボールを落としてシュートをするようなプレーこそが彼の持ち味だと思うのだ。
おいらが香川をトップ下に押す理由は彼のプレーが生きるポジションが本田に比べてよりゴールに近い位置でプレーできる特徴があることによるもので、個人的には下がってきてボールをもらい簡単なプレーができなときは香川とて普通の選手になってしまうという事だと思っている。

現状の代表ではザッケローニが本田がプレーしやすいように人を配置しているからこそ本田が日本の神様のような形になっているが香川を真ん中に置くときには香川を中心にした選手を必ずしもおいていないことは理解するべきだと思う。
正直、おいらなら岡崎のトップで右に清武、左に乾、ボランチもしくはそれより高いポジションで憲剛を使ってトップ下に香川を入れたい。

日本代表での香川のプレーでいつもおいらが残念に思うのが香川が左にポジションを取ってボールをもらったときに香川自身でボールを運ぼうとするプレーでボールを失うケースが多きことだ。
昨日のケースでは同じようにサイドでボールを持った際に中央や後ろにボールをはたいた後の動き出しで相手をかく乱し酒井がサイドでフリーになりセンタリングを上げるというプレーでチャンスを作っていたがそれは香川がボールをサイドで持った時にサポートに入る選手がちゃんといたからできたと思っている。

最初に香川がトップ下に入っていた時は香川にもうまくボール入っていなかったし乾や岡崎、さらには前田にもボールがうまく収まらなかったことで香川のせっかくのチャンスも生きなかったと思うのだ。

おいらはいつも代表監督が選手を試すときに不思議に思うことがある。
選手の使いどころがどうも間違っていると思うことだ。
海外や国内でいいプレーをしている選手を招集してはいるんだが、まず使わないし使ったとしてもその選手が生きそう環境を作ってやらないことに疑問を感じるのだ。
もう少しせっかく呼んだ選手なのだからその選手が生きる環境を作ってやったうえで実際にプレーさせてやることをするべきだと思う。

とはいえ、カナダ戦でせっかく乾などはスタメンに入ったし数は多くはなかったが得意な形に持ち込んだシュートを放ったわけだが残念ながらドイツでプレーしているほどには精度がなかった。
若い力を使ってくれる監督ならそれでもいいがザッケローニなどの場合、そういう形を持っている点は評価はしてくれるだろうが実際に大事な試合では安全策を常にとりたがる傾向にあるように思え本田が出れる状況が整えば出るチャンスは少ないものになってしまうだろう。
乾などはこういう試合では決めなければいけない試合だったと思う。
長友も乾のように積極的に中に入ってシュートに持ち込むことをインテルでもやっているので長友も怪我が治れば余計に乾のポジションが無くなると思える。

個人的な意見でもう一ついえば 内田の持ち味についてだが 内田の能力は代表では生きにくいと思う。
内田はきれいなクロスを上げれる選手だが、残念なことにこれにはまる選手は岡崎ではなく前田やハーフナーのタイプだろう。
カナダ戦のような状況では前田は死んでいたしハーフナーも不調に思え内田のいいところが出せなかったように思う。
ザッケローニのような監督なら内田がけがとかがなければずっとスターティングを外れることはないと思うが、個人的にはFWで使う選手によっては内田よりも駒野のほうがいい時があるように思うなぁ。まぁ酒井でもいいんだけどね。。。。。内田の守備もドイツでうまくはなったんだろうが酒井などは内田より背が高いという利点もあることだしね。

まぁそれにしてもサッカー好きがこういう話をする際に持論が絶対みたいに書いていることは非常に多いよね。
おいらだって自分の好みで好きに書いてはいるが人の意見は別に否定はしない。
本田にしてもおいらは本田がドリブルでボールを運べる選手なら彼が長くボールを持つことに否定的にはならないがそういう選手ではない。
為を作ったりボールを落ち着かせることはできる選手だとはおもうが 個人的にはもう少し早いテンポでボールが回る展開が好きなので彼のスタイルが好きではないわけだ。
メキシコなどは皆それなりにボールはもてるがボールを簡単につなぐことを優先するスタイルに思える。
こういうスタイルがおいらの好みなんだなぁ。

国によってはサイドから個人でドリブルで前に抜ける選手がいるが、そういう選手が日本にいるのであればそういう選手は少しぐらい長くボールを持ってもいいと思うけどね。そういうテクニックを持っている選手も嫌いではないからね。
ただ、日本にはいないと思っているだけで。。。。(日本では割りと小さいころからつなぐサッカーを教わるのでそういう選手が育たないのかもしれないしね)
相手のゴールの近くで勝負するプレーならやる選手はいるけどね。

まぁ個人的にはさっさとWCへの出場を決めてコンフェデでは乾や清武、両酒井などがプレーできればいいなぁとは思っている。できれば遠藤や長谷部を使わない試合を見たいと思うのだ。

サッカーのことになると夢や希望が多くていくらでも書いてしまうが個人の好みであり希望でしかない。
実際にはザッケローニが仕切るのだからなるようにしかなるまい。

ついでに、海外のメディアが試合ごとに採点をしているのだがそのことに個人的に大いに違和感を感じていてサッカーなんてものは個人でできることなど基本的にたかが知れていると思っており、いい選手でも評価が低い時があったりしてその見方に疑問を感じているんだが、日本もどうやらそういう見方が一般的になっている気がする。
たった一試合でああだこうだと言いたがるのがそういう現れなんだろうなと思う。
明らかな問題点があった選手以外は本来もう少しおおらかに見るべきだろう。
スポンサーサイト