| Admin |
カナダ戦
2013年03月23日 (土) | 編集 |
ザッケローニが前半 香川をトップ下で使ったが良い評価はえられなかっただろうことを残念に思う。

Jリーグが開幕する前の代表はパス回しに不安があり、この試合では特に前田が死んでいた。
この試合、前半だけトップ下で後半はサイドに回っている。
前半を持ってトップ下で使われないようになるのが個人的にはもったいないと思うのだ。

まぁほかにも乾にしても前半はボールに触れる機会が少なく彼の形ができない状況であった。

おいらは憲剛と香川は相性がいいと思っているので同時に使うことは非常にいい影響が出ると思っている。
個人的にはワンボランチにしてセントラルミッドフィールダーの位置に憲剛をいれ香川とのパス交換を今以上に有効に使ってほしいと思うのだ。
同時にサイドにボールがもてパスもうまい乾がつかわれることが望ましいと思うのだ。
この場合、遠藤か長谷部がポジションを失うことになるが、それでいいと思う。


試合自体は日本の出来の悪さが目立ったと思う。
パスがつながらないうえ、相手とのコンタクトがあった際にことごとくボールを失っていた印象がある。
これは怪我を嫌うことで激しく行けず当たり負けしているためだろう。

もうひとつ、数は多くはなかったが決定機を何度か作っていることは評価できるだろう。
しかしハーフナーがことごとく外した。
練習試合だから構わないが 個人的には本番でもハーフナーは使われる気がする。
理由は単純に失点した場面がコーナーキックからで身長があるハーフナーを守りでも使いたいと考える気がするからだ。
個人的にはこれには賛成しかねるが身長をザッケローニは思っている以上に重要視している面を感じているおいらはこういう選択を思想な気がするのだ。前田が動けていれば前田でいいんだが。。。。

身長を気にしなければ本来は岡崎でいいはずで、そうすることによって右サイドに清武が使える。
これはセレッソで一緒に戦った香川、乾、清武の連携も期待できるうえ、この三人が動き出しの早い岡崎へのスルーパスが出るチャンスだろうと思うのだ。加えて憲剛がいれば縦への楔が協力になることは間違いがない。

おいらが憲剛を買っているのは彼が代表の中でミドルを積極的に打つ少ない選手だからである。
本田や長谷部も時々うつが今回本田はいないし長谷部は憲剛ほどには積極的ではないと思う。

ブラジルへ向け今回は早くから中東に出向き調整をしているわけで26日の決選にはまだ日にちがある。
少しでも連携をよくして本番では日本らしさを出してほしいと思うね。

個人的には中東のチームには裏を取る動きができる選手を使ってほしいこともあり岡崎のワントップを期待したい。
スポンサーサイト