| Admin |
愚痴ってことでいいかしら?
2013年03月18日 (月) | 編集 |
いやぁ、だーかーらー野球が好きになれないんだよなぁ。。。
(まぁ無理くりですがw)

WBCが朝からあると知り、偶然早く目が覚めたので(本当は膀胱が破裂しそうでだが)8時半からTBSの画面をみていたんだが、いつになっても始まらない。
実際の開始はそのご10時らしいとわかる。

TBSってのはときどきこういう詐欺商法的な中継をやるテレビ局だってことを思い出したよ。
ボクシングだったか格闘技で間もなくゴングといいつつ長々と待たせる手法でやっていたのを思い出したのだ。
今回のWBCも最後にきてこれと同じ手法を使ったようだ。
おいらは普段昼近くまで寝ている。眠い目をこすりつつ起きたのにこれだ。
まぁ事前に開始時間を知っていればこういう羽目になることもなかったのだろうが、野球自体は基本的に好きではないのでそこまでする気はなかったんだよな。
たまたま膀胱の破裂を抑えるために目が覚めたことでそんな気になっただけなのだ。

そしてはじまったわけだが、いきなり個人的には野球という競技をすでに敗退しているアメリカでやるリスクを感じたのだ。
解説者が言わずとも今日のジャッジが辛いと思ったわけだ。
基本的に日本のアドバンテージってのが投手力だったわけで外に厳しく低めに甘い今回のジャッジはハッキリ言って日本つぶしの手段に思えた。
相手の先発投手が台湾の王健民と同じようなタイプと言っていた直後だったのでわかりやすかった。
台湾戦では日本は低めを見極め浮いた球を叩くという事で点こそ奪えなかったがうまく戦っていたと思う。
一方、今日の戦い方では見逃すべき低めがストライクになるのである。
台湾戦と同じ戦い方ができなかった。
そのために選手は低めを意識するあまりボールに手を出すという事を繰り返していた。

8回にやっと来たチャンスも思わぬミスでつぶし、9回も見せ場なく敗れてしまった。

最大の敗因をおいらに言わせれば審判の判定につきる。
判定によって低めを意識しすぎたってことだな。メジャークラスのピッチャーがいない相手に打線が湿った原因がこれだからな。
練習試合ではメジャーの投手も打っていたのにである。

それと個人的に山本監督がこの大会でやっていた投手起用にも問題を感じる。
継投策を使うのはいいんだが、能見や杉内など先発投手を短く使うやり方は適していないと思うな。
先発の当社がリリーフで打たれたあとにまた先発投手を使うってのが理解できないんだよ。
先発投手とリリーフは試合への入り方が違うだろ?

それと前にも書いているんだがジャイアンツの選手を信用しすぎである。

まぁある意味、負けるべきして負けたってことだろう。



アメリカがこの大会で一番ダメな結果が日本の三連覇だったと思う。
アメリカが二次ラウンドで負け、アメリカに勝って準決勝を戦うチームが負け日本が三連覇してしまえばアメリカの立場が亡くなったはずである。
プエルトリコかドミニカが勝てば二次ラウンドで負けた言い訳ができるというもの。
今回の仕合はそういう意味合いもあったのである。
したがって日本に不利なストライクゾーンがこの試合で使われたように思えてならない。
まぁ相手も同じ条件だということだが、先に厳しい立場に追い込まれたのが後攻めの日本だったわけだし、弱いと思える相手投手陣にとってサイドより低めがストライクと言ってもらえることが有利だったことは間違いがないだろう。
そういうことだと思う。


まぁ試合が始まれば多少WBCに気を向けたが、今日の最大の愚痴は10時に始まる試合を8時半から放送するな!!ってことである。
スポンサーサイト