| Admin |
ありえねぇ!!
2013年03月16日 (土) | 編集 |
TPPに参加するときの試算が公表された。

3兆円規模で経済を押し上げる効果が期待されるらしい。
6兆円を超える金額で経済を押し上げ農作物などで3兆円ほどの影響を受けると予測しているようですね。
打ち明けではコメが1兆円とか。。
更には砂糖は全滅する予想がたっているらしい。

北海道でのTPP反対の様子などがテレビのニュースで紹介されていた。

経済的な効果が期待される反面で受ける農業が受ける影響が大きすぎるように思えるんですよね。
米などでも三分の一が無くなる計算だし砂糖は全滅、酪農への影響も少なくない。
政府が農家へ行うだろう対策といえば輸出支援や結局補助金という事になってしまうのだろう。
それだけにとどまらず安い肉が入ればただでさえ少なくなってきている魚食などにも影響がでるなどもかんがえられるんだよね。で、農業ほどに漁業のことが考えられているかというのも大いに疑問を感じる。

砂糖などの生産にかかわっている北海道や沖縄周辺の島などには多大な影響が出ることも考えられる。

ただでさえ低い食料自給率がさらに減ることも考えられ本当にこれが正しいのか大いに疑問だ。
それに、政府が試算していない部分での影響は資産に含まれていないだろう。
大きな問題はTPPは基本的にはあらゆる関税をなくすという前提で、例外を作るように求めるシステムであることだ。
例外に漏れたものは関税が撤廃されるわけで後々問題が浮上するケースだって出るかもしれないのだ。

ネットではISD条項の問題に加え、医療、保健の問題が大きく伝えられているしネット民にとって肖像権や著作権の問題で日本が締め上げられることにも危惧している。

日本のTPP交渉参加について取り上げられたアメリカ人の反応も入ってきているが、彼らは彼らなりに日本による進出を危惧しているようだ。
そこに出てきていることから指摘されているのが結局1%の金持のためにTPPが考えられ運用されようとしているというものだ。
米韓FTAなどでも不利益を被ったアメリカ企業は相手国を訴えることができるなど韓国の法律よりFTAの条約が上を行くなどという事になっている。
アメリカがどうこうという話よりも結果的に一部の企業の利益のためにこういった条約ができている可能性は高いのである。
TPPは米韓FTAなどと違い多国間で行われるためにこういった不平等は少ないと思われるが、根底にあるのが企業のためという部分は否定できないものに思える。

今回試算でも安倍総理は農業などに与える影響の大きさを知ったうえで交渉に参加を選んでいることに大いに不満を感じる。
日本の食料自給率を考えれば自衛隊の補強などをしたってまるで意味をなさない可能性もあるのだ。
今以上に食料自給率を下げていては自衛もくそも無くなってしまうだろう。

更に日中韓FTAの交渉もするわけだろう。
TPP参加によってFTAのハードルが下がればさらに危機的な状況も考えられるわけだ。

試算の結果を見るだけで普通の頭なら参加など考えられないように思えるんだよな。
第一次産業を捨てる気になっているようにしか見えない。
単純に試算結果があてになるとも思えない上に試算結果でも十分に反対に値すると思える。

もう一つ、いつも言っていることだがおそらくこの資産には参加することで規制緩和をする分が入っていると思うんだよね。しかし規制緩和は参加しなくても必要なものはするべきなんだ。
そのことを忘れてはならないと思う。
参加推進派は参加することで規制緩和をすることばかり訴えているが不参加でも規制緩和はするべきなのだ。
すり替えた論点を使っていることは間違いがないことだと思う。

聞けば聞くほどTPPには参加するべきではないと思うな。
スポンサーサイト