| Admin |
TVタックルを見ていた。
2013年02月25日 (月) | 編集 |
体罰がダメっていう人の意見はいつだって変らない。

今日のタックルでは現場の先生や元ラグビー日本代表の松尾氏、義家議員などが体罰の規定についてなど現場サイドの声もでて今まで見ていた体罰の討論などでは割と真面だったと思う。

とはいえ、そもそもの体罰禁止の原則である法律がすでに施行され体罰自体が違法だというものから考えないといけないと個人的に改めて感じる。

先日朝まで生TVを最初のほうだけ見ていたが、PCを前にしていた人が体罰とひとくくりにする前にもっと置かれている状況を見る必要があるのでは?といっていたが案の定スルーされている。

フィンランド出身の方が自分では子供の教育に手を上げないと言い、時間をかけて話すことをやっていると言っていたが家庭でならそうすればいいと思うだけでしかない。
指導方法がわからない未熟な先生が手っ取り早くやるのが体罰だという人間が大勢いるが、教師は一人だけを相手にしているわけではないことをもっと理解する必要があるだろう。

おいらはそもそも日本では学校教育の中で部活などをやっているがこんな国は多数派ではないように思えるし、中でも日本ほど学校教育の部活が大きなウェートを占めている国などないのではないかと思う。
そういった意味でなんでもかんでも教師に押し付ける制度自体が立ち行かなくなってきていると感じている。

まぁそんなことをいったところで日本の偉い人たちがすぐにどうこうと反応しないこともわかっている。
日本の部活の制度はスポーツに親しむいい方法であることも事実でそれ自体を否定することもまた難しいのだろう。
ならば少なくても教師ではない人間が指導する方向を模索してもいいと思う。

タックルの途中で体罰をしないで全国大会に出たチームとして大竹氏が興南高校をあげていたが、そんな学校だってあるだろうとしか言いようがない。
おいらは桑田のような生徒が大勢いれば体罰など普通にいらないものだと思っている。
向上心がありある程度の道徳倫理があれば体罰など必要ないとハッキリ言えるが、実際はそういう生徒ばかりではないだろう。
中にはクラブの強い高校があったとして何十人も部員がいれば努力したって日の目を見ないケースなどもあるだろう。そうしたときに間違った方向に進まない為には時に体罰だって必要になるかもしれない。
一人一人と時間をかけて対話できる環境がなければ簡単にわからせる方法として必要ではないのだろうか?
それとも、大勢で生徒たちを見守るシステムをどこにでも構築できるというのであれば体罰の否定もやむなしだが実際に層のような恵まれた状況は少ないと思える。

おいらはこういう今の現状を見ると教師をスケープゴートにしたその場逃れにしか見えない。
根本的な解決も望めず子供のことを一番長く押し付けているのが教師であるというだけでだ。
家庭でのしつけができていなければ就学できない、学校で問題を起こせば停学、退学、留年と簡単にできる方法もない状態でなんでもかんでも教師に押し付けるなといいたい。
 
パネラーの大阪府の教育委員長もい現状の教育委員会ではダメだと言っている教育委員会がいまでもほとんどの決定権を持っていることの矛盾を最初にどうにかする必要があるだろう。

少なくても雰囲気にのまれて多くのスポーツ選手が発言していないが、基本的に体罰を受けなかった大成した選手はいないのではないかと思う。
興南高校には体罰指導はないといっていたが、罰走があるかないかもおいらにはわからないし罰走は人によって体罰と感じるかどうかの問題でもあるだろう。
さらにスポーツで対生する人間ってのは両極端で中には文武両道もいるが基本的にバカが多い。
~はできるが授業では居眠りばかりという人間も少なくないはずだ。
WBCにでる糸井選手などは先日サインが覚えられないという記事があったほどだ。
居眠りを放っておいてもいいという状況なら体罰がなくてもいいかもしれないが、起こす時に軽く叩いても場合によっては体罰と騒がれればおしまいになる。

体罰問題では先日、やってみろよと生徒が教師を挑発する内容の記事もあった。

まぁおいらには教師が気の毒で仕方がない。
少なくても昔は教師の体罰には今よりは市民権があったのだろう。それなりに問題にはなっていなかったのをみればわかる。

こういっちゃなんだが教師の質が落ちたなどという声もあるがおいらには今の教師のほうがよっぽど大変に思えて仕方がない。
昔は地域が子供を育てたなどという話があるが、今の家庭では親も子供に構えず教師に多くを求めすぎるしそのうえで簡単な方法はとるなと規制がかかるのだから同情するしかないだろう。
スポンサーサイト