| Admin |
柔道女子の更なる訴えってどう思う?
2013年02月04日 (月) | 編集 |
おいらには彼女らの訴えには戸惑いを感じる。

正当性は認めるが、おそらくは彼女らは強くなる過程があったはずだ。
暴力があったとかなかったとかはどうでもいい。

訴えるのはかまわんよ。

これはあくまでおいらの感想だ。
柔道連盟やJOCはどうこうということではない。

現に柔道などの代表派遣などは成績が重要ですから有無を言わさぬ結果を残せば代表にはなれるだろう。

しかし、おいら個人が彼女らを応援する気にはなれないことを言っている。
制度の問題でおそらくは今回ここまでいっているのは園田監督に対する思いが伝わらない、連盟にも伝わらない、JOCの取り上げも甘いという彼女らの判断だろう。
園田監督だけの問題から派生したかもしれないし、それ以前の対応からの積み重ねかもしれない。

しかし、おいらには関係がない。

柔道などおいらはやらないし、学校で授業でやった結果 おいらは顎に違和感を抱える羽目になっている。
中学の頃からずっとだからかかわっていいことなど何一つない。

せいぜい精神論的に柔道を受け入れているだけだ。
したがって精神論的に彼女らの訴えには違和感を持ち支持したくないのだ。

柔道連盟的に協議し一応の結果は出すだろう。
JOCも同様になるんじゃないかな。

でも、女子柔道は支持しない。
それだけのことだ。

おいらは男子にも体罰はあると思っている。
それでも男子は訴え出ていない。
柔道連盟は結果的に男子が強ければいいと思えばいいんじゃないかな。

女子には甘くしますと答えれば上出来だ。
しかし、世間的にそれでは済ませられないんだろうなぁ。

いいんじゃない、結果的にもしかすると彼女らの訴えで日本が柔道で世界から締め出されでもすれば。
オリンピック招致の失敗につながれば。

そうならないためにじゅうどうれんめいやJOCは一応の結論をだすんだろう。
だからおいらは女子柔道は支持しない。

おいらは体罰容認派ですから。
海外の自己責任主義はそれはそれでいい。日本の団体主義もいい。
場合によっては自己責任のほうが大事だとも思っている。
けど、多くのスポーツの場で日本は今の精神・状態は悪いことではないと思っているのだ。
体罰問題で世間は揺れている。
さっき見たニュースでもキャスターなどは体罰はダメといっていた。
法律的にもそうなのだろう。しかし、彼らは気が付いていないのだ。
国民の半数まではいかなくても少なくない人間が体罰を容認する意見を持っていることを。暴力ではなく体罰をである。
民主主義の原理で行けば法律は法律だし多数決でも決まったことだ。
じゃあ、なぜなくならないかは考えてくれ。
ただただ守れではなくならない。
容認派を説得して納得させてくれ。

できないなら厳罰化でもするのだろうか?
好きにしてくれ。

でも、言っておくがなくならないよ。
現状ではね。教育に熱心になればなるほどなくなるまい。

教育のシステムを変えたりスポーツができる環境を変えたり、指導者への教育を変えたり自己責任主義を根付かせたりしなければ変わらない。

指導者が稽古をつけうまくできない生徒を離れ際に強めに肩を叩くのは激励ですか?体罰ですか?
答えられますか?定義づけできますか?
おいらは叩かれた生徒が激励と受け止めれば激励で体罰と受け止めれば体罰だと思うよ。
けど、これは行き過ぎた指導ですか?
今の制度では体罰=法律違反だから悪なんですよね。
これでいいんですか?

ってことだ。
こういった問題の解決手段を体罰がダメと言っている方々はもっているんだろうか?
スポンサーサイト