| Admin |
メディアってのは馬鹿なんだろうか?
2013年02月03日 (日) | 編集 |
いま、ニュースで東京や神奈川の学校でも平手打ちがあったなどとやっている。

おいらからすればなんで発覚するたびにわざわざ報道するのか理解に苦しむ。


橋下の入試注意に対する反対意見ってのはおいらが知る限りでは(そう多くはないんだが)半数を超えている。
橋下的論法でいえば体罰容認派とでもなるんだろうか?こういう人間が半数はいるってことだ。
(実際は体罰容認ってわけではないと思っているが)

まぁおいらがいう橋下的容認派が半数もいるんなら高校の半数程度は体罰があるってことになっても不思議じゃないはずだろう?

産経や読売のグループ系列でも橋下の入試中止に対する意見募集や賛否を問うアンケートをやっていたよ。
そこから彼らはなにかでも学んでいるんだろうかと疑ってしまうよ。

おいらは約半数は体罰があるんじゃないかと思っている。
実際に誰かが調べればそういった数字は出てくることはないだろう。
特に私立などは隠ぺいするだろうよ。入学希望者の数にかかわる=収益にかかわるんだろうからね。

いま、橋下に同調している人間は調査を行って少ない数しかないと思っているのだろうか?おいらには疑問だ。
実数が多ければ多いで問題だろうし、少なければ隠ぺい体質に疑問を感じる。
ハッキリ言って自己矛盾を抱えることになるだろうと思うね。

まぁ結果的にそこそこの数字が出てきて教育委員会の体質も大きく変わらずうやむやになってしまうのだろう。
それがこれまでの日本だ。
橋下は改革する気はあったのかもしれないが、実際には先ほどおいらが指摘したように少ない発覚は隠ぺい体質が残った証拠であり多ければおそらく橋下では解決できまい。
そういうことだ。
スポンサーサイト