| Admin |
佐々木監督が体罰を批判という記事を見た。
2013年01月21日 (月) | 編集 |
現役の指導者、それも協会の人間が語るのはどうかと思う。

理由は簡単だ。

サッカーの教育現場で完全にないと言い切れればいいが、そうでなければ足元を見ろというしかあるまい。
理想論ならば語ればいい。
サッカーはプロがありレベルが違えばクラブチームもある。
プロがありその下にもJFLや地域リーグがある組織だ。

教わる側もプロを意識している人も少なくないだろう。

佐々木監督はチャリティーなどで被災地の指導などにも参加していてやっていることは素晴らしいと思うが、そういう場では楽しめればいい程度のことだし、本来の指導の場では意識の高い選手ばかりを相手にしているのだ。
うまい選手もそうでない選手もいる学校教育の場とは違うだろう。
昨今の学校は入学希望者を得るためにスポーツに力を入れ結果が求められる指導者も少なくないわけで語ってほしくないというのが本音です。
現に弟は大昔だがサッカー部で顧問であり学年主任であった人間にむやみに体罰を受けていたのだ。
時代がどうこういうのは間違いでサッカーは指導者が増えて事もあり地方でも指導者がいるし地域格差もなくなったから教わる側の意識が高いし、またそういうところしか知らないのだろう。

知っていたとしてもほかの指導者の批判をしないでほしいものだ。
方法は間違っていたかもしれないが成果は上がっていた人なのだから。
これがサッカーの指導者ならそういうことを言えたかと思えばどうなのだろうと思う。

一般論で語ったのがメディアにこう取り上げられたなら謝るが指導するシテを考えない指導者がいるとは思えないのだ。プロの指導者ならいくら批判したっていいが。。。。
学校教育の中でプロっぽい人はいてもプロとは違うだろう。
指導する情熱がある人を批判して欲しくないのだ。

この記事通りだとすれば個人的に佐々木監督は結果を出している人かもしれないが残念な気がします。
スポンサーサイト