| Admin |
どうかしてるぜ!
2013年01月17日 (木) | 編集 |
いつ見たって桜宮の自殺関連のスレッドでは自殺してるねんで!人が死んだんだからという意見ばっかしだ。

暴力>自殺は確かにそうだが、よく考えてほしいのは多くの人が暴力>自殺にならないということだ。
多くの場合はおそらくは暴力>退部だろう。
今回の場合 確かに教師の暴力や学校、教育関係者への批判は当然あってしかるべきではあるが、本来一番問題にするべきはなぜ暴力>自殺という経路に至ったかであるはずだ。
逃げ場がない状態と本人は感じたかもしれないがBチームでもキャプテンを辞める・部活自体を辞める・倍によっては転校するまで手段はいくらでもあるだろう。
そこまで行く過程だって部活を休むという手段だってあったかもしれない。キャプテンだから休めないと考える頭があったとして自殺した後のことが考えられないのは結果的にどこかがふつうの人の考えとは違ったということだろう。
直前に教師と話もしており、キャプテンを降りる話に対しBチームに落とすと言われ結果的に本人がキャプテンを続けると答えているのだ。周りからすればこの時点で違和感を感じるだろう。

さらに違和感を感じるのが橋下市長の対応だ。
ここにきて入試の中止などを打ち出している。
そうでなくても運動系の部活が全中止とか異常だろう。
自身が運動部(ラグビー部らしいが)にいたようだが、ほかのクラブで起こった問題で部活動停止とか当事者の気持ちを無視した独裁だろう。
まるで2ちゃんねらーの意見のごとく人が死んでるということで全てこうでなければならないという決めつけをしてしまっているのだ。

2ちゃんねらーだと彼らが好みそうなアニメを見て自殺者がでてそのアニメが放送中止になっただけで切れる奴らだと思うが今回のケースはその影響で全てのアニメが放送中止にするといっているようなものだろう。
それでも人が死んでるねんで!といって受け入れれるのか?と問いたくなる。

ケースが違いすぎるという人もいるかもしれないが、そんなことはわかっている。
彼らが当事者になるケースを想像したにすぎない。
2ちゃんねるなどの掲示板に影響を受けたというケースでは秋葉原の無差別殺人があったが、知事がしていることは事件があったので掲示板すべてを禁止すると言っているようなものだろう。
掲示板なら無差別殺人以外にも中傷記事で自殺した人も少なくないことを考えれば部活中止よりはよっぽど掲示板禁止のほうが妥当性が高いとすらいえるんじゃないだろうか。
さらにいえば死ねなどという言葉が飛び交い、それこそ死んだら冗談だったのにぐらい言う輩がこういう場で意見をしているとまでいえるんじゃないだろうか。

田中真紀子大臣のもとで許認可で新規大学を認めないという話の際には受験を目指していた学生に同情できても不祥事があった学校に入学希望していた学生の夢はどうでもいいというのが彼らだろう。
市長も同程度でしかないと思う。自分の立場でより人に受けるだろう方法を独善的に決めつけそれを実行しようとしているだけだろう。
そこに自殺した学校に通うほかの生徒への配慮などがまるで感じられないし、そこを受験しようとしていた生徒への愛情も感じられない。
大人の意見が正しいんだというのならまだしも、彼のやり方は私の考えが正しいんだだから始末に悪い。
大人の意見というのなら教師を擁護する意見なども考慮されなければいけないし、受験を目指した生徒の親やほかの部活をしている生徒の親の意見も考慮されるべきだがそういうことではないのだから。。。。

正論かもしれないがやり方に問題があるという点では田中真紀子と何ら違わないだろう。

市長になったあたりから橋下氏は自分のことを顧みず他人を否定する発言をしまくっている。
広島市長だか県知事には現実を見ろといいながら自分の竹島共同管理などは じゃあ市長は韓国に共同管理を認めさせる自信はあるのかと問いただしたくなったし(本人はできるというかもしれないが無理だろう)、今回の伝統は間違いと全否定だが、全国大会常連校という実績は実績で残るのだ。
ついでに一応言っておくが結果を残す指導者は市長が否定しようが認める人は認めるだろう。
価値観などにとによって違うのだ。
そこには他人が死のうが自分は違う、自分の子供は違うという意識が存在すると思うぞ。
裏付けるように指導生活18年?の中で自殺したのは今回の一人だけだという結果があるだろう。反面で大学や社会人でかつやくする、した教え子は少なくないだろう。
方法は間違いがあったかもしれないが、教えた内容で結果はついてきたことは実績が証明しているのだ。
そのことだけは言っておきたい。

極端に走ってしまった生徒だが、日ごろの彼の訴えに対し親も教師に声をかけたりしているわけで親なりに努力はしていたと思う。残念なことに本人がBチーム落ちや退部などほかの手段に訴えなかったのが惜しまれると思う。

桑田がいう退部することでスポーツ界にとっての損失というが、仮にスポーツ界にのこったからどうだということまで聞いてみたい気がする。いっちゃなんだが、残ったってそういう選手がプロになって活躍するなんてことはほとんどないと思うし経験上辞めたところでそのスポーツを嫌いになる人も少ないと思うがどうだろう。
ついでに言えば大学までは同好会などで体育会と違う形でスポーツって楽しめるがそれ以後は楽しむほどの施設などの環境がこの国には多くないことも付け加えたい。
厳しい指導に耐えて努力した人間でも高校から上に進む時点で大きく競技人口を減らし社会人になるときにまた減らすのが実情だ。加えて屋根宝協議が嫌いになる人もおそらくは少ないと思えば桑田の言うスポーツにとっての損失とは実際にどういうことか聞いてみたいと思う。プロにまでいった選手でさえ一軍で活躍し名を遺して辞める人より名を残せずに辞める人のほうが多いのではないかと思えばわかると思う。

一人の生徒が亡くなったことは重く受け止める必要があると思うが現在そこに通う生徒の夢を奪うほどのことにしてはいけないと思うのだ。

こういうときだからこそ市長がするべきことは違う方法があると思う。
現状の顧問のもとで部活がダメだという判断なら各競技の団体から指導者を派遣してもらって指導するなどという方法を試みるべきではないかと思うのだ。教師の入れ替えはしたいならすればいいが、生徒への負担は筋違うだろう。
ついでに伝統の否定は競技で成果を上げた生徒も否定することであり、それは間違っていると思う。指導方法で優劣を決めるものなら伝統の否定も結構だが競技の結果は生徒の努力の賜物だろう。そこを否定する権利は市長といえどもないと思う。
スポンサーサイト