| Admin |
選挙の仕組みを伝えてくれていたが
2012年12月15日 (土) | 編集 |
MSNの記事でいまさら聞けない選挙の仕組みを解説してくれていた。

おいらは政党政治といまの選挙システムに問題があると思い比例代表は支持政党なしと書くつもりでいるが、これを見ると支持政党だけでなく今の選挙システムの問題ありとも書きたくなる。

本来地元意識が強く出る小選挙区のシステムにおいらは反対なんだよね。
せめて中選挙区ぐらいにしなければ地元に良い顔をすれば国政に対する考え方などに問題があろうとも当選するかもしれないと思うのだ。
先日 二階氏が紀伊半島に高速道路をぐるっとまわしたいなどという発言があったが、防災のためなどいろいろと理由はあるとおもうがこういう地元意識と国政との関係の兼ね合いには小選挙区の出し表よりはもう少し大きな地域の代表のほうがより公正な気がするので小選挙区より中選挙区のほうがいいと思うのだ。(本来地域代表などなくしてすべて全国区でもいいとさえ思っているのだが)

記事を読み込んでいくとやはり残念な結果がわかってくる。
投票する人は2票を入れることになる。
選挙区の投票と比例代表の投票である。
しかしここで注目しなければいけないのが比例代表である。

ここが複雑で重複立候補している人が多く、選挙区で落ちた人が復活当選してしまうのだ。
さらにそれを問題にするのが政党による候補者の割り振りなどである。
選挙区で当選したいとは比例候補から除外されていくのだが、候補者の少ない政党などでは選曲で下位で落ちた人が比例で復活当選するケースがでてきてしまうらしい。
ある候補が当選候補の7割近い数字で落選していてもそれより下位の人が政党による比例順位が上であったために当選候補者の50%足らずの得票率でも比例で復活当選してしまっていたらしいんですよね。
候補者が地域で支持されていないにもかかわらず比例で当選してしまうシステムは比例代表の悪い慣習だと思うんですよね。

まぁ所謂少数政党に起こることなんですが、少数政党で国政などへの影響力は低いので大きな意味はないのですがそれでも地域で負けた候補者が政治家になる(それも候補者より票を取った人が落選しているのに)のは大いに問題でしょう。当選すれば税金がその人に使われ選曲で負けた人が発言権を得るわけですから。

記事では多くの政党が選挙区の候補者が比例にも名を連ねているそうですが公明党はその中で選挙区の候補者が比例には名前がないということらしくその点では評価できると思います。
もっとも個人的な考えですが、政党を作っていながら過半数に満たない候補者しか擁立できない正統はマニフェストの実効性がそもそもないわけで過半数に満たない後者しか擁立できない正統は大きな口を叩くなといいたいですね。
そういう意味では公明党などはたとえ与党に連立しようとマニフェストが合致していればいいのですがそうでないものは連立する政党のマニフェストに歩み寄らなければならず じゃあマニフェストはいったい何なの?という状況がはじめからあると思うんですよね。
社民党が連立した際も自衛隊について口をつぐんだこともそういった表れだと思いますね。

まぁ社民党まで連立政権に入れた民主党の問題もあったとは思うんですけどね。


個人的にはもうひとつ政党政治で問題があると思っているのが党議拘束ですね。
比例で当選した人は仕方がないと思うんですが、選挙区で当選した人は地元の人の票で当選したわけで国民の声が反映されるとは限らない党議拘束ってのはふさわしいものではないと思うんですよね。
自民党には政権党になった場合、党議拘束は無くす事も考えて欲しいとメールはしたんですが、どうなるんでしょうねぇ。


話は少しそれますが、そもそも政治家って人たちはどうも足元に弱い人の集まりだと思うんですよね。
安倍総裁なども憲法改正などと訴えていますが、一方で選挙制度などの改善には問題ありでしょう。
そのひとつが街宣車のことですね。
一昔前なら住宅街に回っても問題がなかったかもしれませんが、おいらが住む大分市などでは新日鉄に勤める人も折り3交代ぐらいで仕事がされているわけでしょう。午前中にやっと眠れる人が昔と違っている中で朝から宣伝カーが回ってくれば騒音公害でしかありません。
しかも、回ってきたときの状況ってのは移動しながら回るわけですからせいぜい候補者の名前ぐらいしか寄稿内わけで 個人的にはうるさいと思った候補者などには絶対に投票したくないと思うこともあるのではないかと思います。
住宅地などを回るのはせめて午後からと規制はするべきでしょう。
回ってもいいが、せめてスピーカーは使うな!ぐらいは規制して欲しいものですね。
もうひとつ、いまやネットを使っている人も多いわけですからここももう少ししっかりとした制度化して欲しいところですね。
橋下氏などがツイッターでつぶやいているのも問題があるのかないのか?
本人は候補者でないのでかまわないと言いつつ、選挙違反で捕まるかもなどとも口にしているようですが 候補者でなくればいいというのなら選挙後につかまる人のほとんどが候補者ではない人でしょうから 氏の言っていることは少し違うようにも思えるんですよね。

まぁ今回の選挙後には定数の削減など公約があるわけですからついでに制度についてもしっかり変えていって欲しいと思いますね。

地域で支持されない人が政治家になってしまう制度や地域格差を是正しやすい小選挙区を廃止して中選挙区にする。
死に票を少なくするための比例制度かもしれないが重複候補者の規制や比例による選出の数の削減などは絶対に必要なことだと思いますね。


まぁなんだかんだで民主党政権が終わることはほぼ確実で結果的にはいいことなのでしょう。
しかし、実際には本来これまで言われてきたような政界再編とは程遠いことしか起きず支持政党を決められない人が大勢できてしまっただけで たとえどこが政権をとっても国民の期待が得られる選挙と言うには程遠いものでしかないようです。
消極的選択で自民党支持という人が多くでてきた選挙という総括になってしまいそうな状況でしかありませんよね。自民党は変わったという声を自民党はだしていますが(確かに一部の重鎮は引退しましたが)それでも派閥は存在し重鎮の域の掛かった政治家が残っているし族議員がいなくなったわけでもないでしょう。

おいらは自民党の期待できる政治家が自民党をでて新しい風を起こすことを期待したんですが結果的に期待できそうな人は自民党に残り変わったとアピールするにとどまっているんですよね。
支持母体などを整備することを考えれば必然の結果なのかもしれませんが、これで何かが変わるなどと言う期待はできないのも自明の理でしょう。
消極的棄民等の選択と言う言葉がつくのが今度の選挙後の政権運営にすくなからず影響が出ることは期待したいですね。
(政治家に期待などしてはいけないんだが。。。)

まぁなにはともあれ少なくてもテレビなどで党首討論や政党の公約などを聞く時間がなくなるのは悪いことではないと思う。
どうせ、言ったことがそのままやれる政党などありはしないし ましてや言うだけ番長のような人たちの声を聞かなくて済むのは悪いことではないだろう。

明日のテレビでは選挙戦の報道が盛んに行われるんだろうが おいらの関心はクラブワールドカップのサッカーのほうが大きく所詮政治は一部の人がやることでしかない。

それなら楽しめる分サッカーのほうが数倍いいと思うのだ。。。。
スポンサーサイト