| Admin |
日本人は差別的?
2012年12月05日 (水) | 編集 |
これも外国人がよく話題にしている話のようです。

今度日本に行くんだがどう?とかいう話がでてくるようなんですね。

まぁ日本びいきの人がよく見るサイトのようで多くはそんなことないよという意見がたくさんでるし過去に日本を悪く言ったり書いたりする人はその理由がわかっていないと言ってくれる人が結構いたりします。

温泉などで外国人お断りなどとされたという話なども、以前に大浴場のお湯を抜かれたりした苦い事件があった末の対応を知らないために差別的と受け取ったのだろうなどと外国人がいってくれているのです。
この差別の件ではテキサス親父ことトニー氏のメッセージでも見たことがありますが、本来日本人は友好的であり外国人お断りの本当の意味は迷惑な外国人お断りなのだが、区別できないことで外国人お断りになってしまうのだということを言っておられました。
その通りだと思います。
そうはいっても日本に長くいる人の中にも、疎外感が抜けないなどという人もいるようなんですよね。
だけどおいらが思うに、それは日本人だからとか外国人だからというよりは文化の理解度の問題に思えるんですよね。
日本人の本音がわからないだとか言っている人は長く日本にいても疎外感がなくなることはないんじゃないかと思うんですよね。
日本人だって最近の若者は・・などという言葉はいつの時代でもいわれるように世代間ギャップというものに近い感覚で日本人の感覚と外国人の感覚が違うことが原因だと思うのです。
テレビなどに出てくる外国人の中には日本人以上に日本人ぽいひともいたりして それらの人がそういったそばいかんを持っているかと聞かれれば少ないのではないかと思うんですよね。

個人的には勉強しなかった人間ですので詳しくは知らないのですが、ユーチューブやテレビの番組で知る日本人はトルコやスペインだかポルトガルの難破した船の乗組員を助け本国へ帰れるように協力したとかユダヤ人が逃れるために助けたとか 昨日?だかも見ましたが WW2の際にイギリス艦隊と戦い海に漂流していた400人余りを乗員200名強の駆逐艦で最後の一人まで救助した話などおよそ差別的には思えません。
あるとすれば生活習慣の違いによる区別なんだろうと思うんですよね。

アジアの中でさえ少なくない国が言葉にしないと相手が理解できないというのは当たり前のようで暗黙の了解、や遠まわしに言う日本の習慣は独特なのでしょう。
国際化の中 日本も変わらねばならない部分もあるのでしょうが、日本に来る人にはそういったことについてもう少し理解をしてほしいと個人的には思いますね。
日本人は人種や見かけでは差別をすることは少ないが生活習慣の違いなどで区別をするのだということを覚えてほしいと思いますね。
先にも書きましたが、それは最近の若者ということばやゆとり世代という言葉がどちらかといえば悪い意味でよく使われていて日本人と外国人の違いなどよりもジェネレーションギャップのほうがよっぽどある国ではないかと思いますw。

それにしてもアジアの中にあっても日本は特殊な文化を持った国なのでしょう。
島国であったためということもそうなんでしょうが日本語という特殊な言語にも大きく影響を受けていると思いますね。文末を変えるだけで意味が全く変わってきますよね。
そのために日本人は話の流れや雰囲気で相手の言わんとすることを察することに慣れたように思うのです。
そのために英語などのような言葉を使う人たちとは違う精神性を培ったのではないかと勝手に想像しています。
まぁ中国も日本語に似ているらしいのですが、あちらは大陸であり長い戦乱の歴史があるために異民族と常に対話してきたことで日本とは違う形に生育したのでしょう。

なんにせよ、個人的には日本はおよそ差別とは無縁であるとすれば経験による区別があるだけだろうと思う。

まぁユーチューブなどに出ている日本や日本人をよく見せる動画(日本がアジアを独立させたと感謝する外国人のこえを集めた動画とかイラクで自衛隊に感謝のデモが起こったなどというやつがいいですね)を見てほしいですね。
日本をよく見せるために特化したものかもしれませんが、ある一面は感じさせてくれると思います。
スポンサーサイト