| Admin |
政治家もメディアも見誤っている気がする。
2012年11月12日 (月) | 編集 |
何のことかといえば政治の世界で橋下維新の会との連携についてですね。
前にも書いたかもしれないが(もしかすると下書きでやめたかもしれないが)、第三局をまとめるなどとして維新の会との連携を模索している人の多いこと。。。。
メディアもさも当然のようにそれを追っかけている。

しかし、個人的に思うのは 今維新の会との連携を考えるのは失策だと思うということだ。

維新の会の支持率が落ちた大きな原因は橋下市長の共同管理発言にあると考えるからだ。

石原氏などが率先して維新の会との連携に前向きだが、石原氏が共同管理に前向きであるはずもなく みんなの党にしてもこの部分は決して飲めない話だろう。

更に今日のニュース記事をみれば山口で街頭演説にたった橋下氏は 天狗になるなよ! との野次に対して返っていただいて結構とやり返したらしい。
どこかで講演をしているのであればそれもかまわないが、あらかじめ不特定多数を相手にある意味騒音を撒き散らす街頭演説で野次に対してこの反応は独裁者を印象付けるものでしかないと思う。

原発を巡る発言でも脱原発の声を上げたかと思えば、原発が稼動すれば原発に感謝をし夏を乗り切れば再び原発は要らないという。
今の政治家は民主党の欠点を性差ウが元々違う人たちの集まりで権力にしがみつくために分解しないでいるとメディアも含めわかっているはずなのに、原発問題・消費税問題・TPP問題、そして竹島や尖閣をめぐる考え方に一致しない人たちの連携など果たして意味があるのだろうか。

維新の会と石原氏の連携に関して橋下氏は立ち上がれと切り離した石原氏との連携ならといっているが(あくまでも自分たちが上との考えなのだろう)尖閣を東京都が買うと言った石原氏と竹島の共同管理を言う橋下氏と意見が一致するはずもない。
石原氏はどうやら老人ボケしたと思うしかない。
石原新党は維新の会と歩調を変えて動くほうが恐らく賢明だろうと個人的には思うのだ。
共同管理発言から維新の会の支持率は下がっている中、石原新党との連携などとメディアが騒ぎ立てているからこそメディアが取り上げているが現実的には支持率を上げている真っ最中である中であり メディアが取り上げるからと橋下氏が調子に乗っているといざ選挙となったときに大恥をかくことになると思う。

いまメディアが取り上げている第三局というのはどう考えたって民主党が集まった状況と酷似しているではないか。

反面教師を見た後だけに今石原新党と維新の会の連携や、みんなの党にしても支持率の高かった維新の回と連携をずっと訴えてきていたが 今の維新の会には以前の求心力はすでにないとおいらは思う。

やはり大阪だけのことならよかったが、国防や外交などについての橋下氏の発言は国会議員を纏め上げるにはまだまだ修行が足りない気がしてならないのである。
まぁどうせ第一党になるわけではないのだろうが、いまの調子でいられてはニュースなどでの報道を見聞きするだけで不快な気分にさえなってしまうように思える。

おいらとしても橋下氏の考えの中で公務員対策などいくつかの点で評価ができるだけにとりあえず大阪を中心に考えをまとめていればよかったし国政について話す機会が多くなればなるほど維新の会から気持ちが離れていったのはおいらだけではないと思う。

選挙になってもマニフェスト選挙などという気持ちの悪い選挙制度のうえに自民党に投票する気もなく 第三局がおいらが夢想していたものと違いすぎることなどから白紙投票以外の方法が見つけられない。

まぁなんだ、第三局などと石原氏と維新の会をとりあげたところで今の状況から第二の民主党のようにしかみえずメディアが意図していないとは思うが今の状況は自民党にとってこの上ない状況に思える。
もちろん、自民党が嫌いだという気持ちを持っている人が少なくないと思うが 現状を見ると消去法でいけば自民がマシに見えて仕方がないのである。
おいらは自民党が一番まともに見えるが自民党には投票はしないと決めている。
石破新党だったり安倍新党ができていれば違う考え方になったかもしれないが、既存の自民党には派閥の大物など古い勢力がい続けていて党内に抵抗勢力を抱えているのは解かりきっているからだ。

まぁ言いたいことは今維新の会を中心にスポットが当たっているように見えるが連携を模索している人たちは力不足だから模索しているわけだし、それを大きく取り上げるメディアも焦点がぼけているとしか思えない、ということだ。
石原氏はせっかくの保守の気構えを共同管理を言う維新の会との連携などということで保守の取り込みに失敗するだろうし、石原氏だけを維新の会に取り入れたところで基本的な部分でうまくいくはずもない。

どうやら戦況がやってきそうな雰囲気がでてきたことで更に焦点が当たるかもしれないが、おいらが思うには今の状況は自民党だけが有利になるとしか思えないのである。
メディアは基本的に安倍自民党が嫌いなのだろうが、今の報道はその安倍自民党を後押ししているように思えるね。
個人的にはそういう意味では笑えるが、民主党を見てきた政治家がそれでも第三局で纏まろうとするのには学習能力がないか俺たちは民主党とは違うとタカを括っているのだろうが、所詮同じ政治家だよ。
中枢に自分たちの意見を通す方法が連携だとしても基本的考え方が違うので民主党と同じにしかなりえないだろう。
個人的には震災で復興に尽力した人たち(特に若い人たちだね)などが戦時の世界に入ってくれば良いなと思うんだけど、そういう人たちの多くは自分たちでやれることをやるという行動力があるわけで政治なたよらない力を少なからず持っているために合えて政治家になろうとは思わないんじゃないかと思えてしまう。
復興に携わった若い世代を中心に日本復興党とでもいうべき政党が立ち上がってくれればこれに勝るものはないと思うんだが。。。。。
スポンサーサイト