| Admin |
九州電力に質問したい。
2012年10月12日 (金) | 編集 |
本日のニュースでこの冬の電力見通しが発表され報道されている。

その内容は、電力は賄えるが万が一火力発電所などが停止するような事態になれば電力が足りなくなる恐れがあると繰り返し伝えられているのだが、そもそもそうしたトラブルはどの程度の頻度で起きるのかが全く触れられていないのだ。

シーズンで一回あるかないかなのか数年に一回なのか、はたまたシーズンに何回かそういう事態がこれまでにあったのか 全く触れられていないのだ。

事故やトラブルで停止すればなどと伝えられているが 頻度は違えでどこだって機会がいくつも停止すればなどと仮定すればうまくいきっこなどないのである。

比較などできないかもしれないが電話などの通信トラブルも普段は起こりえないが起きたときは多くの人が被害に会うわけですよね。

どんなトラブルで停電するかなど想像できないのが一般の人だろうと思う。
電柱に車がぶつかり電線が切れれば停電するはずだが、相したことを考えて送電線をいくつも張り巡らせることはしていないはずだ。

こと原発がらみの発言はいちいち国民に不安を与える目的があるようにしか見えないのが非常に残念だし卑怯だと思うね。

おいらはいつも思うが原発を停止することを踏まえてさっさと火力発電所の新しいのを作ればいいのにと思う。
そうでなえれば結論が出るまで毎年夏を迎える際と冬に向けてと二度づつこうした話を蒸し返さなければならないことになる。
原発を動かせば足りるかもしれないが、世論は反対の声が大きい今、結論が出るまでなにもしないのは一番愚かしいことだと思う。
しかし現状の日本はこのままでは数年は同じことを繰り返しそうで仕方がない。

おいらからすれば電力を使ってもらって利益を上げるはずの電力会社が節電を訴えるなどという愚かしいことをしているのが理解できない。
自ら売り上げを落とそうとしているわけで、普通に民間企業であるならありえない状況がつづいているのだから。。。。
スポンサーサイト