| Admin |
なぜここまで配慮しなければいけないのか
2012年09月28日 (金) | 編集 |
橋下市長の言葉を見てしまった。

日本が過去に迷惑かけたのは事実。中国や韓国に謝ったから、お金を払ったから、もういいというものではない

と書かれている。

これに関して詳しくは見ていないのでどの程度で受け止めればいのかはわからない。


こと、これらの件に関しておいらの考えを少しだけ書きたい。

先日のNHKの番組で桜井女史が言った言葉がある。
正確ではないかもしれないが要点はこうだ。

日本はこれまでにも何回も謝罪している。中国や韓国の人たちは謝った後にいろいろな人がそれとは違う発言をしているなどと反発をしているようだが、謝罪は政府の公式見解でありそれらと異なる意見は個人的な発言に過ぎない。
政治的に見れば公式見解に勝るものではなく個人の考えまで規制はできない。
というものだったと思う。

基本的にはこれに尽きると思う。

そしてもうひとつおいらは訴えておきたい。

戦後何年たっていると思っているのだろう。

恐らくは政治家などでも最早戦争当時を知っている人間などかなりの少数派だろう。
中国や韓国の人たちは何を望んでいるのかわからないが、戦後生まれがほとんどの国に対し今何を謝罪しろと言うのだろうか?
チベットに人が番組で中国の人に虐殺があった、日本に誤れをいい続けるのはおかしい 中国人もこうやって苦しめた人に謝るべきでは?といったときに 私は生まれてなかったよ、何を誤れというのだと開き直っていたが、いまの中国や韓国の人が日本に謝罪を求めるのは何をさせたいのか本当に疑問に思う。
まぁ個人的には何があったってどうせ許さないのだから 最早気にしないことでいいのではないかと思う。
いつも書いていることだが基本的に歴史観も違えば考えの元になっているものが違うのである。
日本人は水に流すということができるが中韓の人たちにはそれができず(できる人は元論いるだろうが)、弱みと思えばどこまでも付け込む人が圧倒的な気がする。

従軍慰安婦の問題に関してもおそらくだが、いずれ当事者がいなくなっても日本人というものがこういうことをする人種なのだと思い込みそれを他国に認めてもらいたいのだろう。優位に立っていたいのだ。
しかし、その影で韓国がベトナムで行ったことや普通の生活でも家政婦への暴力など粗暴な面が多かったり性犯罪が多いという事実を忘れ去ったかのように日本には当たるんですよね。
優位に立っていたいという思いが強すぎるのでしょう。

中国も同様で人にはきつく当たるが自分にはどこまでも甘い。

先ほどあげた例が顕著だが、日本には厳しいがいざ自分が責められれば開き直るのである。

中国や韓国に関して思うのだが、日本のところをそれぞれの国に置き換えて考えるということができないのだろう。
中韓は日本の国旗を焼いたりするのは平気だが時刻の国旗が同じことをされれば馬鹿みたいにヒステリックに非難する。自分がされるのはいやだが、自分がするのは平気なのである。

ハッキリ言ってそろそろ日本は政治的に公に今の時代の人たちには無縁の話だとするべきではないかと思う。謝罪は政府が公式に何回もしている。
国民の大半はすでに戦後生まれであると公に声を上げるべきだと思う。
一時的にはこれはそういう問題ではないという声が出るだろうが、それに際しどこかで戦争と直接関係がない国民に謝罪を求めるのはもういいではないかと言ってもらえるようにしておけば それはそれで国際世論にも納得する声は多くなると思う。
少なくてもドイツの場合は一般的なドイツ国民とナチスは違うもので通っているわけで、日本の場合は違うという話になるというものではないだろう。
ましてや、戦後の日本の行動は世界で一番国際貢献を考え平和主義を貫いてきたという面が必ず認められると思う。
まぁ東亜三国に関しては期待はしないが、それでいいのではないだろうか。
スポンサーサイト