| Admin |
人を見るのは難しい・・・
2012年09月28日 (金) | 編集 |
橋下市長のことですね。

最近の橋下氏の発言などで維新の会に不安を募らせている。
恐らくこういう人は少なくないと思う。

まぁ元々結構簡単に発言の趣旨を変える人ではあったわけだが、大飯原発の再稼動に反対>歓迎から再び停止を求めるとか 慰安婦発言で証拠がない>心ならずも慰安婦になったひとには配慮が必要 とか 竹島の二国で管理発言とか 心配になるには十分な気がします。

ほかにも外国人参政権などについても基本的に容認する考えであったりTPPは賛成の方向らしいし、どこかで流れの強者の側に立つ姿勢も感じます。

世論を考えればそういった感覚ってのは必要なのかもしれませんが、個人的にはそれって日和見的にも感じるんですよね。

何かをするときに力が必要になればどこかに擦り寄るという部分も垣間見えてしまうんですよね。

個人的には時々目にする松井氏の発言にはそれなりに一貫性を感じるんですが、維新の会の広報的な橋下市長がトップであるならば多くのことで共感はできるとしても ではこのまま信用して任せられるかといえばハッキリ言って不安ですね。

大阪でやっているうちは松井氏などの声とともにまだ許される発言があるかもしれませんが国政の場では正直いまのような手のひら返し的な部分はただただ不安に思えますよね。

個人的のも同様の内容で維新の会にもメールを入れているんです。(いくつかの問題で市長の言うことが納得できず選挙では投票できないという内容ですね)

おいら個人では地方分権や公務員改革など多くの点で維新の会には共感していますし、その実行力も嫌いではありませんが橋下氏がトップである中で大阪だけならまだしも国政にでてくるとすれば不安感はぬぐえないように思えます。
また、比例代表の問題で脱藩政治家をいれるにしても今のやり方はあまりにもお粗末に思えますよね。
選挙で勝てなそうな人ばかりが維新の会に合流したってそれに意味がないのは明らかだと思うし、個人的には前にも書いたように思うが既存の政党に頼らず地方自治体などと共闘していく姿勢を貫くことのほうが重要だと思うんですよね。

仮に比例代表をにらむとするならばみんなの党との連携や一部で噂のあったような安倍氏を引き抜くぐらいのことができなければ失敗だと思えるんですよね。


正直にいうと安倍氏や石破氏なども期待している(すべてを良としているわけではないのですが)のですが、個人的には自民党のままでやろうとしていることが理解できないんですよね。
おそらく本来国民の多くが期待しているのは政界再編であり既存政党のままで改めて政権奪還をしたって大きな成果がでるとは思っていないと思うんですよね。
既存政党には長老がいて古い体質が残っているからですね。
それを変える事が一番望ましいと思うんですね。それには既存政党を壊し新しく政党を立ち上げるぐらいの流れが欲しいと思うんですよねぇ。。。。

自民党にはきたい死体人はいる。けれどその人たちが思う存分手腕を振るえるとは思えないし、みんなの党にしても力不足感はぬぐえない。
維新の会の勢いに期待はしたいと思ったが、広報役である市長穂発言や今の状況に不安は拭い去れず、また公約の内容にもすべてを良しとすることもできずに 今のマニフェスト選挙では選んでしまえばすべてを認めたといわれる始末なわけで少しでもマニフェストと意見が違うなら投票しないほうがいいように思えるんですよね。
実際には圧倒的多数でもなければ法案を通すためにキチンと審議され内容も検討されるんでしょうが、これまでの政治を見ていると法案の内容が不十分とわかっていてもとにかく通すことが重要で内容はとりあえずでも通してしまうということがよくわかってしまったんですよね。
(子供手当てや消費増税の問題などがそうですよね、問題点が指摘されながらと通すことが重要で内容はお粗末なままでしょ。まぁ一方で外交人参政権問題などのようにずっと法案を提出されながらもなんとか食い止めているものもあるにはあるんですけどね)

まぁとにかく橋下氏も知事時代はまだいいところのほうが目に付いた気がするんですが 長くメディアに露出してその発言を多く聞いていると果たしてこの人がトップでいいのかと不安に思ってくるんですよね。
維新の会が2トップで松井氏の存在が大きいのであればまだいいんですが全国メディアには橋下氏だけが登場するわけで これを見ると不安になるのも仕方がない。

個人的にはスキャンダルなどどうでもいいが、国民として不安に感じる発言には橋下氏の発言に本質的に不安を感じるんですよね。
右傾化しているといわれる(それでやっと中道よりになるんでしょうがw)今の時代に、問題の発言は決して小さくはないと思いますね。

まぁ橋下氏を中心に話を書いてきましたが、自民党のトップに安倍氏が知多途端メディアの一部はもう叩き出しているようですね。
2チャンネルなどで書かれていたことですが、今の世の中メディアは左よりでネット民の一部がそれに対して対抗しているというんですけど おいらにはこの言葉は真実に近いように感じます。
政治を事なかれ主義にしたのも自民党政権末期の自民下げ民主あげの記事などメディアが左よりすぎるのは普通に感じられることだと思いますね。

日本が右傾化してもそれでやっと中道よりにもどるだけという見方はおそらく正しいのでしょう。
とするならば、メディアが左よりでネット民の一部がネット右翼などといわれたりもするが実はその中の少なくない人間が実は中道なんだろうと思えますね。

おいらは2チャンネルは見るだけで書き込みませんが、そんなわいらでもネット右翼認定の意見に賛成することも少なくなく これが右翼なら右翼でいいやと思えることも少なくありません。

まぁ政治については気にはなりますが、おそらくは最終的に今の流れでは支持政党なし!で投票することになりそうですね。
安倍氏や石破氏などには期待はしたいんですが彼らが選んだ方法は政界再編ではなく自民党で行うであっておいらにはこの決断は支持できないんですよね。
もっとも、長老といわれる人たちの力をいかに排除しやりたいことができる政治にできるかが鍵で そこさえクリアできれば期待できるかもしれませんが、おいらにはこの壁は大変厚い気がしてならないんですよね。とにかくがんばって欲しいものです。
スポンサーサイト