| Admin |
そうだ!中国を罷免しよう!
2012年09月19日 (水) | 編集 |
記事を見ていると愛知の大村知事が中国のことを常任理事国がやることか?というのがあった。

内容としてはきわめて弱めで貿易相手同士なのだから冷静にということだったが、おいらはここにもヒントがあると思う。

中国は国連の常任理事国であるわけでGDPも日本を抜いて世界2位と言われるわけだが、分担金の負担額は極めて少ない。
加えて常任理事国に資格があるのかどうかはわからないが、中国の場合は周辺国と国境問題をいくつも抱えているわけで ある意味紛争の中心の国であると言える。
国連の役割がどのようなものかわかりづらいし常任理事国に求められるものがあるとすればリーダーシップなんだと思うがその国が紛争の中心国ということなら常任理事国を罷免してはどうかと思うわけですよ。
中国は面子を重んじる国だろうからこれは暗に効くんじゃないかと思えるんですね。
紛争相手は賛成するだろうし、中国の反対によって議長声明などが発表されなかった問題についての今後の抑止力にもつながる可能性はあると思うんですよね。

個人的には今の国連はあまり昨日しているとは思えず、本来なら敵国条項に支配された国連など日本が入っている価値などないと思ってはいるのですが、代わりになる機関などもないし常任理事国でもない日本がアメリカに次ぐ拠出金を取られているわりに発言権のなさなど理不尽が多いと思っているわけで日本に問題ばかり押し付けるかの国は分担金は少なく常任理事国であるために発言権だけは強い。
韓国なども経済が好調などと言われる反面こういった拠出には支払いが滞るなど財政面では表向きとは別に韓国の内情は厳しいように思える。

とにかく中国がダメージと感じるほどに中国の考えが世界から孤立していると自覚させる必要があると思う。
いまどき拡大路線をとっている国など中国だけだろう。
経済が安定してきている中国ならば本来なら貿易で相手と関係を作ることができるはずなのだが、圧倒的利益を追求するために周囲と摩擦を必要以上に起こしてきていることを中国が自覚するべきだろう。
中国は拡大路線をとらなくても中国の影響力はすでに大きく、逆に言えば問題を起こさないほうが中国の力はより世界に大きくできるはずだと思うんだが。。。。。

まぁ共産党にはそれなりに理由はあるのだろうけど。。。。

少なくても、国際紛争の中心の中国を常任理事国から罷免したいと国連に訴えるぐらいはやってもいいはずだ。
もっとも、今の国連の制度では拒否権事態を当事者の中国が持っているのでどうということはないが、世界が考えるきっかけぐらいにはなるはずだろう。
スポンサーサイト