| Admin |
どう思います?
2012年08月28日 (火) | 編集 |
記事に
核再処理、中止なら9千億円不足 経産省が試算

というのがあった。


原発の使用済み燃料を再利用する「再処理」を今年度にやめると3.6兆円の費用がかかり、電力会社が蓄えた「再処理積立金」では9千億円が足りないことが、経済産業省の試算でわかった。
再処理工場は日本原燃が青森県六ケ所村に建設中で、試運転を続けている。再処理を今の時点でやめた場合の費用を経産省が試算したところ、建物や設備の廃止費用が2.3兆円、まだ費用の回収が終わっていない建設費1.3兆円の計3.6兆円がかかる。
原発を持つ電力9社と日本原子力発電の計10社は、再処理事業の運営費を積み立てており、その残高は今年3月末時点で2.7兆円ある。再処理をやめた場合は、3.6兆円との差額の9千億円が、再処理事業を運営する日本原燃の損失となる可能性が出てくる。

上の文章が記事の内容の一部です。

これって電力会社が原発のコストを試算にいれて電気代として徴収し積立金として使っているわけで、別に電力会社が損をするという話でもないと思える。
電力料金はコストに応じて値上げしてきているわけで受益者が負担しているわけで電力会社がコストを負担しているわけでもなくなんら問題はないはずである。
ましてや廃炉などの費用はいつやめたってかかる費用で3,6兆円をいつ国民が負担するかという点だけの問題でいつやめるにせよ斯かる費用に思えるのだが違うのだろうか?

こういった記事が出てくるってことはメディアも含めて原発は続けないと国民が損をするというようにどうしても思い込ませたいようにしか見えない。
こういった記事を書くよりはコストが安いで押したほうがまだましに思える。

ちなみに日本原燃は赤字になろうがおそらくは廃棄物の処理がすべて終わるまでは国が面倒を見ざるを得ないと個人的には思っているので、いつやめたって国民の負担が変わるなどということではないと思っている。

ちなみにだが、原発に関しては原発反対を訴える人は電気を使うななどという声を上げている人がいるが、おそらくは馬鹿なのだろう。
原発依存度は過去最大でも20数パーセントだったはずで一時期はゼロにまでなっていたわけである。
電力会社は赤字になったが実際にはこれで賄えていたわけでもある。
原発の稼動がなくなるとなれば新たな発電所を作ればいいだけのことで電気を使うなはまさに暴論でしかない。
ましてや、企業向けの料金が安く設定され電力料金の利益の90%強を一般向けの料金で賄っていたことまで考えれば燃料費が多くかかる分に関しても本来なら企業などが多くを負担したって罰は当たらないと思えるほどだろう。
一般向けは必要分だが企業向けは利益を生む経費であり企業は必要経費で落とせるものでもあるはずだ。

メディアは企業から広告収入を得ている手前企業に有利な記事を書くのも仕方がないのかもしれないが、もう少しまともな記事を書いて欲しいものだと思えてならない。
スポンサーサイト