| Admin |
メディアは伝えない・・
2012年08月16日 (木) | 編集 |
今日、韓国大使館前でデモが行われていた。

韓国大統領の発言、行動を受けてのものだったようだ。

発言をめぐるスレッドで16日12時から行われると告知されていて おいらは動画で見ることができた。

ところが、テレビなどではこういったニュースは報道されない。
反日のデモなら少数によるデモだとしても報道するのに である。
新聞などの関係者などから新聞の記事の正確性などを訴えネットを批判する記事などがあるが、都合の悪い話は封印してしまう新聞などのメディアに中立性などというものはないといっても間違いはないと思う。

ちなみに昨日はどこの局でも反戦番組のような自虐的な番組をやっていたように思え おいらは見ることもなかったわけだがこれってGHQの時代の自虐史観を引きずっているように思え 本当の意味での日本の戦後が終わっていないように思えた。

アメリカのアミテージの話がニュースで伝えられたが、その話とは日本は歴史と向き合うことが必要だといっていた。馬鹿な話だと思う。
氏こそ、歴史を勉強しなおすべきだろう。
韓国が言う歴史などを指し慰安婦などについていっているならGHQの占領下でアメリカが行った調査などについて理解しておく必要があると思う。慰安所の調査などで娼婦が高待遇で扱われ環境なども整っていたことなどは明けリカも調査していることだ。

いま65歳の人でも戦後生まれの時代に反戦をうたうことはいいと思うが自虐史観などはもはや必要ないと思える。

ある番組で、中国人がチベットの虐殺の責任を追及された際に文句なら爺婆に言え私は関係ないと言っていた。
その人物はいまでも日中韓などの討論番組にでて日本を批判しまくっている。

政治ではずっといいたいことを言い合える外交を目指すかのような発言がある中、現実では常に日本が大人の対応を迫られていることにいまの政治家や評論家の大御所は何の疑問も感じないようで進歩のかけらすらない。

おそらくは過去の慣例を踏襲することしかできないのだろう。そこには進歩も勇気も存在しない。

事業仕分けをした民主党だが、国連の分担金やIMFなどの救出金額に見合う評価を日本が受けていないとすればこういった拠出こそ仕分けされるべきだろう。
救出はそれでも必要だとするならば金額に見合う評価を得られない官僚を使い続けていることの矛盾を是正する努力が本来求められるべきだがそういったことがおこなわれたと聞いたこともない。

みたいものや知りたいことはネットで見るのが一番だということなのだろう。
とはいえ、ネットにもそういった傾向ってのはないとも言い切れないわけだが。。。。
スポンサーサイト