| Admin |
ドイツ負けちゃいましたね。
2012年06月29日 (金) | 編集 |
イタリアがイタリアらしくドイツに競り勝った試合でしたね。

今朝の試合でイタリアは前半で2-0といい試合をしましたね。
おそらくはこの大会で一番いいディフェンスができた試合ではなかったでしょうか。

早いプレスで相手の攻撃の目を摘み、速攻でしっかりチャンスを作っていた。
攻撃的になったという声があるがある意味これってイタリアの伝統のサッカーそのものに思える。
少し違うのはいままでは1点取れば守りに入ったところを最後まで次の1点を取りに行く姿勢だろう。

それにしてもイタリアのプレスはすごかった。

相手ボールになった瞬間ひとりではなく全員が相手のマークに動くスピードがすごい。
そしてどのチームより相手に近いポジションでディフェンスをしていたように思える。

この試合でおいらが思ったのはトラップについてである。
ドイツの選手のトラップが少し離れるとそこにはイタリアの選手のプレスが常に来ていた。
初戦のスペイン戦でもイタリアのプレスは効いていたわけですが、プレスがきついと何故か相手のトラップも普段より大きめになってしまうように思える。精神的プレッシャーが与える影響だろう。

そしてイタリアのゴール前に放り込まれたボールのクリアがイタリア選手の前に飛ぶこともこの試合での多くの場面で見られたことだ。
これは前半でイタリアがリードし、さらにイタリアの早いカウンターがあることで前の選手はより前に、後ろの選手は速攻に備えて後ろにと間が開いてしまうことで生まれた結果なんだろう。

そもそもイタリアの選手は(セリエAではうまい選手もそうでない選手もいるわけだが)ヨーロッパでも足元には優れた選手が多い気がするほどうまい。
そのために速攻ではなくパスをつないでもボールを奪われない。その精度で速攻が繰り出されるわけでこの試合でもシュートがもう少しうまくいっていれば4-0、5-0になっていたかもしれないほどだったろう。

決勝でイタリアのプレスがこれまでどおりにスペインに対して通用すればイタリアが勝つという結果もありえる。

スペインはもう少し早いパス回しができて よく走るイタリア選手を押さえ込んでボールを支配するようであればスペインのチャンスができるだろうが、そうでなければ苦戦するのは必至だと思う。

おいらはスペインがこれまで点が取れていないのはシュート数そのものが少ないという結果であると思っている。決勝ではシュート数を増やすことが絶対に必要になると思うね。
シュートの跳ね返りを拾うことやゴールに近い場所で相手のミスを誘うことが必要だと思うんだよね。

でも、最終的においらとしてはやっぱりスペインが勝つところが見たいわけですね。
イタリアが攻撃的になっているというのであれば おいらとしてはスペインのオフサイドの数を一人で増やしているトーレスの動きが大きな役割を果たすんじゃないかと思います。
先発で出てほしいところです。

7月1日に決勝ですが、待ちきれませんねw。
スポンサーサイト