| Admin |
メディアのわかりやすいこと
2012年05月28日 (月) | 編集 |
河本の話題がネットであふれている。

マスコミの多くは河本擁護といった感じに見える。。。。
個人攻撃はどうなんだろう?とか、片山議員や世耕議員に払う税金はねぇと河本のギャグをもじった批判もあった。(ちなみにネットで見た記事には署名がないのでどこのどなたがこう書いたのかわからないのも嫌な気がしますね)

おいらは役所の人間と話し合いながらという部分で行政側の不手際を感じる一方で やはりどこかで河本側に問題があると感じずにはいられない。
話し合いの中で仮に河本が私の年収は5000万円あります とでも言った上で役所の人がそれでも支給すると言うとは思えないからだ。
河本が渡していた金額が5万円なら微妙だが、10万以上渡していたなら国民年金を貰っている人よりも多くの金額を母親は得ていたことになるのでそういった面でもやはり違和感は感じてしまうわけだ。
とはいえ、一般人なら貰えるものはもらっておけ という人も大勢いるだろうからこれだけも話題になってしまったのは有名税というしかないとは思う。
だからといって気の毒だとはいえない。母親の話題なども含めてネタにして稼いできたわけだし、メディアにでることで高収入を得てきたわけだから何かあれば一般とは違う対応がくるのも仕方がないことだと思う。


そこまで言って委員会で話題にあったのだが、マスコミが売国だという話でメディアは常に強いほうにつく という話が出ていた。
今回は強いか弱いかは別にして、メディアが河本を擁護するような対応に見えるのもこういった面を感じる。

ひとつは今のテレビっておいらはスキではないが吉本の芸人の出ていない番組を探すほうが難しいぐらい出まくっている。クイズやバラエティーの司会からゲストに至るまで芸人が出てきている。
吉本に限らな意がニュース番組などにも芸人は進出しているわけでメディアに欠かせない存在のようになってしまっているわけだ。
庇いようがない場合でなければメディアは批判的にはなれないということだろうと勝手に想像している。

おいらは日曜にはそこまで言って委員会までの時間はチャンネルを色々変えたりしているのだが、和田アキ子のアッコにおまかせを見ていて思ったのだが、ゲームなどの時間を除けば新聞やテレビなどの話題を紹介してそれに対して色々言うことに費やされているわけだが、そこでも芸人だけではないがバラエティーに出ている人たちが和田アキ子とともにいろいろ言っているわけで こうやって自分たちで盛り上げあっていかなければ面白くもなんともない番組なんだろうと思う反面、逆にそんな話必要か?と疑問に思う。

まぁおいらはテレビなどで芸人が出まくっている今ってのが基本的におかしいと思っているわけだから仕方がないかもしれないが、おそらく世界中でテレビに芸人が出まくっている国など日本しかないと個人的には思っている。
まぁ芸人が出ていなければ似非エコノミストなどというわけのわからない人たちがでることになるのかもしれないが。。。。

おいらには今のメディアには韓流を打ち出しているメディアと電通、そして吉本は同じアナのムジナだと思えているわけで河本擁護に走るのもある意味では今のメディアらしいと思えるね。
スポンサーサイト