| Admin |
辛坊氏は馬鹿でないかしら
2012年01月22日 (日) | 編集 |
そこまで言って委員会で辛坊氏はTPP参加について熱っぽく語っていたが司会者としてそれでいいのだろうか?

今日本にあるもののほとんどが輸入品でそれを支えているのが貿易だったという。
TPPに今参加しないとなったときに果たして今までの日本の力が一気に落ちるとでもいうのだろうか?
ある意味ではそれこそ現実が見えていないと思える。

参加国で日本は2番目に大きな経済力を持っていることなど言われているが、現状のままでも海外の国にとって日本は大きな貿易国としての力があるはずである。
そのことをまるで無視した話でしかないと思う。

中国や韓国が加入しないということについてもう少し議論の余地があると思う。

TPPに参加しようがしまいが現状では日本は大きなマーケットであることはいまのところ間違いがないのである。

参加賛成の人は経済にとって必要だといいはるが いまのところ加入した場合でもしなかった場合でも大きな違いはおそらくはないと思う。
反面、参加することで確実に被害がでることは明らかに予想ができるのである。

辛坊氏がテレビで語ったことは極論で参加しなかったら直ちに日本が貿易できなくなるかのように見えるわけでまるで意味のない話だと思うね。
TPPで肝心なのはこれからもっと多くの国が(特に強国が)参加することが必要なわけでいまのままなら必要性は薄いと思える。
アメリカを除く参加国に大してはいまのところ日本は今のままでも貿易に対して問題を抱えているわけではないことを決して忘れてはいけないと思う。
スポンサーサイト