| Admin |
自民党にも問題あるんでない?
2012年01月18日 (水) | 編集 |
ひるとくに石破氏が出ていた。

この方は理論派で内容がわかりやすく 嫌いではない。
しかし、今日の発言ではちょっと大きな勘違いをしている気がする。

内容は民主党とどっちがマシかを比べるようなことではなく自民党を選べば間違いがないというように良いところを比べあうような政治をと言っていたが、こんなのはハッキリ言えばおとぎ話でしかないだろう。

本音はいませんきょをやって勝ったところで参議院では自公だけでの過半数が得られず 下手をすれば今の民主党同様何も決められない与党になりかねない というところだろう。

なにより石破氏の間違いは自民党にしがみついていることではないだろうか。。。。

現状認識をすれば今の日本のおかれている立場は基本的に自民党政治のツケなのである。
民主党よりマシとはいえ前の選挙で自民党政権に対し国民はNOを突きつけているのである。

自民党もまた基本的に野の下る前と何も変わっていない状況で今に至っている。
変わったのは与党が野党に変わったぐらいでしかないのである。

ああ、多少はかわったっけ。。。
渡辺氏はみんなの党を起こし、平沼氏もたちあがれ~を起こしたわけですね。

自民党には人材がいると石破氏は言った。
しかし、その人材は民主党よりはマシという程度だろう。

せいぜいそれぐらいでしかないと思うね。



なすべきことってのは基本的にみんな理解していrがそれをできないでいるのが今の政治のように思えるんですよね。
いま本当に必要なのは根本から変えようとしている橋下氏のような人ではないかと思うんだけどね。
(もっとも橋下氏のやり方ってのは地方レベルだから成り立つものの用にも思えるけどね。いまのままでは国民を分断するようなことになりかねない。。。まぁそれが必要なのかもしれないけど)


今の政治家は経済界の顔色を見るのが常だが、日本では介在の顔が今の大企業でしかない。
アメリカも基本は同様かもしれないが一方では新規企業への窓口もあるように思える。
IT企業などの発展がそれにあたるだろう。

高度経済成長を支えた企業が今後もん本の政治の口を出し続けるようでは日本に明るい未来は来ないように思えるのはおいらだけでしょうかね。
おいらにしてみれば世界の工場がアジアに出て行った現在 新たな企業が日本の経済を引っ張っていくということになる必要があると思うんですけどねぇ。

いまの政治家は総じてこれまでの経済界に目が行っている気がする。。。。



まぁ石破氏は政治家としては好きな部類ではありますが自民党にこだわっている状態では仕方が内容に思うんでうしょね。
まあ、これって自民党に残っている議員全員にいえることですけどね。
自民党の名前には伝統もあるかもしれませんが、同時に今の日本をこうした国にした責任政党でもあるわけです。
民主党に政権が変わった理由に自民党政治に対するNOがあったはずで もし仮に次の選挙で自民党が政権党についたとして おそらくそれはどっちがマシかという選択肢である以外にはあり得ないと思うんですね。

一度国民にNOをつきつけられた自民党は違う政党に生まれ変わる必要があると思いますね。
おそらくアメリカなど敗れたからといって政党が変わらないというのを参考にしているんでしょうが、アメリカの政治と日本の政治は基本的に違うわけで。。。。
アメリカなどは州ごとにやれる政治というものと政府が行う政治というものに分かれているわけです。

日本は政府の政治がそのまま日本を左右するわけで 長年独裁政治を続けた自民党の名の下に今後政権をとるということはもしかするとできないことではないかもしれませんが、以前のような単独過半数を持つ正当にはなれないと思いますね。
だって、地方では改革を打ち上げ実践する政治家がでてきているわけですから中央でもそれを望む声が強まることは必然です。

自民党の名前でじじばばは投票してくれることはあるかもしれませんが、これからは自民党という名前が逆に壁になることも頭に入れておく必要があると思います。

まぁ、いま日本で政党に所属している政治家に何かを期待するというのは無理なのかもしれませんね。。。。
スポンサーサイト