| Admin |
民主が次の選挙に向けたマニフェストの作成に!?
2012年01月07日 (土) | 編集 |
次の選挙に向けたマニフェストの作成に入ったということが2チャンネルのスレッドにあった。

まぁ紙の無駄だからやめろ とか次があると思っている、おめでたいだとか書かれていたわけですが そもそもマニフェスト選挙といわれてマニフェストを出すってどうなの?と個人的には思っています。

ひとつには今の民主党のように掲げたマニフェストをぜんぜんできていない状況があげられます。
もうひとつ重要なことがありますね。
それは民主党が政権をとり小沢氏が要職にあったと気に入っていた言葉にあります。
国民がわれわれを選んだということでマニフェストすべてが国民に支持されたかのように言ったことですね。

おいらはマニフェストの中のこれに期待をしてと選挙で票を投じたわけですが、それ以外のことも信任されたと政治家が思うようであればマニフェスト選挙などというのは害悪でしかないように思えるのです。

当然のことですが、法案についてはそのつど慎重に審議されなければいけないはずですが、たった一回の選挙の結果で(それも国民の過半数にも満たない得票をもって)国民の信任などという政治家がいるようでは投票することにさえ抵抗を感じてしまうわけです。

特に民主党が政権を握ってやったきたことを見ればわかることですが、本来もっともすべきことというのが後回しにされやらなくてもいいことばかりが表に出てきたように思えるわけですね。
無駄の削減などについては早くから手をつけましたが結果を見ればやっていないのと同じ、国民の反対の声が大きい外国人参政権の問題などについては一生懸命成立に向けがんばっているように見受けられるわけです。

マニフェストには賛成できることばかりがかかれるわけではありません。
反対する内容も含めて書かれる訳で、それらを総合的に判断して投票するわけですが、それをもってマニフェストのすべてが支持されたと考えるようならマニフェストを掲げる選挙そのものを否定しなければいけないように思いますね。

ちなみに野田内閣が消費税の増税に全力を挙げるということが前面に出てきておりますが、本来民主党が言ってきたことってのはなんだったのか思い出してほしいものですね。
増税は無駄の削減をしてから! これが本来民主党が言ってみたことではなかったんでしょうか?

民主党が政権を握ってわかったことがいくつかありますよね。
鳩山総理曰く、少なくても県外が 沖縄でなければいけないことがわかった。
菅総理では仮免内閣が国の運営をやってきた。
野田総理は官僚のいいなりの政治なわけですよ。

脱官僚が民主党の旗印ではなかったんでしょうか?
責任を取らない政治家や官僚を批判してきた民主党が誰よりも責任を取らない無責任な政治をしてきている。
約束などという言葉の意味をしたない政治をしてきているわけです。

まぁ次の選挙のマニフェストを考えるなどというマネができることがある意味人を馬鹿にしているわけですけどね。
スポンサーサイト