| Admin |
つくづく日本はダメ
2011年11月29日 (火) | 編集 |
愚痴です。
それも小さなコトなんですが。


タバコをカートンで買うとライターがついてきたりします。
ほかにもセールなどで1箱ごとにおまけがついてたりする中でやっぱりライターもあるわけです。

法律で変えられたのか自主規制かは知りませんがライラーのボタン?が硬くなっています。

子供が火遊びをして可否になるケースがあるからだと思われます。

普通に考えてですが、こういう処置の仕方はありえないでしょう。
元々100円ライターなどは火打石方式だったものが電気式に変わってきて使いやすくなってきたわけです。
進化といえるかもしれません。

しかし日本では子供が火遊びをするなどの理由で進化が止められてしまったのです。
ありえません。

言ってはなんですが100円ライターなんてものは結構な昔からあります。
子供の火遊びで火事になるということ自体ある意味最近になって取り上げられている問題ではないでしょうか?

車の子供を残しておいて子供がライターをいじって火事になったなんてのは そもそも子供だけを車に残しておくことが問題なはずです。
子供のためとかいいながら実は世の中は親の責任についてモラルがものすごくおかしなことになってきているように思えてなりません。

100円ライターのプッシュが容易でなくなり女の人などでは火を点けにくいケースだってあるでしょう。
なんせ おいらでも片手でつけるのがきついものまであるんですから。。。。
(おいらも昔は握力60kgぐらいはあったんですけどね)

まぁ喫煙に対する政府の嫌がらせかおしれませんけどね。

似たような商品で着火マンというのがあるのですが、これはどうなってるんでしょうね。。。?


違う例ではこんにゃくゼリーというものがあります。
のどに詰まらせるということで表示書きを変えたりサイズを変えたりしているようですが果たして本当はそういう問題なんでしょうか?
一般的に餅をのどに詰まらせるという話があります。
餅はのどに詰まらないサイズに変更したり注意書きがかわっているのでしょうか?

要は利用する側の問題と責任がおかしなふうになってきていると思うんですけどね。


本来 人間は便利さを求めて進化してきているのですがライターに関してはどうやら進化は止められたようです。
おいらは使う側の責任ということのほうが重要な気がするんですけどね。

ライターに関しては先日某勝谷氏が古い使いやすいライターの廃棄で利権が。。などといっておりましたが果たしてどうなんでしょうかね。

おいらはこうした日本の体質はかつての子供を優遇し親になったそれらの世代におかしな配慮をしているように思えてなりません。
子供に躾ができないために世の中の進歩が止まるなど本当におかしな話だと思います。


ちなみに最近自転車ブームなどということでブレーキのない自転車に対する取締がきつくなったらしいですね。
利用者が増えたからマナーがおかしくなったんではなくてマナーがおかしい中で利用者が増えたわけですからね。
今頃になって競輪選手の自転車が街中に入ることを規制したりするというのもどうかと思います。


まぁ日本ではときどき訳の分からない考え方が公にでてくるんで 参ってしまうわけです。。。。。
スポンサーサイト