| Admin |
やっぱり民主党。。。
2011年11月27日 (日) | 編集 |
2チャンネルの記事で玄葉大臣が中国に行くのにチャーター機を使い定期便を使えば往復で26万円で済むところを1200万円かけたと書かれていた。

国民には増税をうたい、事業仕分けなどで無駄の削減をしているかに見せているが民主党のためならお金はかけるということなのだろう。

おそらくチャーター機などを使う背景にはマスコミなどの同乗者もあるのだろう。
民主党がする外交をアピールする場として有効に(民主党にとってだが)お金を使っていると言うことなのだと思うね。

元記事ではチャーター機などは定期便が飛ばない国や国民の安全に関するときに使うべきで中国など定期便が飛んでおり税金をたくさん使うチャーター機を飛ばす必要がないということですが、民主党にとっては民主党の宣伝をしてくれるようメディアへの配慮という思惑があったのではとおいらは思う。

まぁ、政治家ってのは本当に不思議な人種で 国内では危機を煽る半面 大概的な部分では惜しげもなくお金をばらまいているのである。
どこそこの地域で金融問題があればそうそうに援助を決めてしまうのである。
国内では財源がどうこうと大きな問題になっているときでもやれ~地域のために何億ドルの支援を決めるとかいつでもやっている。。。。
予算を持っている部署が違うとかいろいろな問題はあるのだろうが、普通に考えれば財布の内側に区切りをたくさん設けていて使い道を決めているようだが、普通に考えれば結局は同じ財布の中身でしかないはずだ。
毎年赤字になるのが分かっていて財布の区切りを変えないことが不思議でならない。

普通なら毎年赤字になるのが分かっていれば支出の内訳を早々に変えて赤字が出ないように工夫をするものだが。。。

まぁ政治家などはこんなものでしかないかもしれないが。。。。。
スポンサーサイト