| Admin |
TPPへの参加にむけた議論への参加というけれど。
2011年11月14日 (月) | 編集 |
政府の姿勢が大いに問題だろう。

厚生労働省は医療分野でのアメリカの公的文書を入手していながら明らかにしていなかったことや、自動車保険などについても自由化の話がすでにでているようですね。

皆保険制度の危機などという声も国内からは聞かれるわけで、賛成派の利益は果たして危機感を上回るほどの成果を本当に期待できるのでしょうか?

おいらには賛成を唱えている人ほど日本の強い姿勢を期待しているようですが、現実的にはアメリカの追従しようとする勢力でしかないように思えてなりません。
経済界は自分たちの利益部分だけを訴えているようにも思えてなりませんね。

会社がTPP参加で利益を得たとして、働いている社員などは通常の生活部分で苦労する羽目になるかもしれないことなど経済界のお偉方はしったこっちゃないんでしょうね。
ましてや、輸出にかかわらない企業の人や自営業の人のことなど気にかける素振りもないというところでしょうね。

いいことだってあるのでしょうが、その部分もろくに明らかにしていないことに加え、危ない方の話が政府から具体的に出ていないことは大いに問題でしょう。

おそらく近いうちは出てくる情報は日本にとって良くない話ばかりになるような気がします。

まぁ最初が参加を表明したところで総理が参加国首脳会談に呼ばれなかったということらしいですね。
議論に参加することが目標と言っていたわけですが 最初からつまずいているのでは????
というところでしょうか。


スポンサーサイト