| Admin |
政治家は馬鹿だと思う。
2011年11月05日 (土) | 編集 |
先日のニュースで野田総理が消費税の増税を国際的に発表するというものがあった。

増税法案を通してから解散をし民意を問うというのである。

過去に何度も書いていることだが
順序が違うだろう?
増税について国民に当てから法案を通す!これが本来あるべき順序だろう。

民主党政権では鳩山総理がいきなりCO2の25%削減を国債公約としてぶちあげて国民から不評を買ったことがある。
野田総理も(今回はマスコミが一応予想していることだが)国際的にぶちあげるために国内の輿論を無視する形で発表するつもりのようだ。

日本には大統領制はない。
大統領のような権限が基本的にないということなんだが、なぜか総理大臣の独断での発表という手段が取られることが多くなってきているように思える。
今回は特に民主党内でも反対意見が多いわけだが、もしや党議拘束をかけて過半数が取れるとでもふんでいるのだろうか?
離党してでも反対すると言っている人も少なくないようだし、たとえ発表したとしても簡単ではないだろう。


それにしても政治家って存在はいつも思うことだが自分の手柄が欲しいために順序を勝手に変えて考える輩だなぁと思うね。
発表してしまえば勝ちだとでも思っているのだろうか?

今回のTPPの問題は与党が分裂する火ダネにもなり得るわけで野党との強調にもヒビが入るものでもある。

いつだって政治家の考える順序ってのは違う気がするね。
スポンサーサイト