| Admin |
ちょっと恥ずかしい。。。
2011年10月29日 (土) | 編集 |
先日来TPPなどについて書いておりますが、FTPと書いているところがあるんですね。
正しくはFTAだす。

ちょっとお恥ずかしい話ですが、ごっちゃになっていました。。

まぁ言わんとする内容は変わりありませんが。

こういう言葉を間違うことでおいらの無学というか無知というのがよくわかるところですね。


時間がないせいかこのところTPPの議論がさかんになっておりますが、アメリカなどは来年度に大統領選挙を迎えますし、いまのオバマ政権の勢いもかげりが出ている中 あせってTPPを結ぶ必要はないというところはおいらの意見ですね。

なんにせよ、民主党への信頼がないわけですから 韓国並みにぬ平等な条件を飲まされる公算が大きいわけです。
この状況下で絶対にTPPへの参加が必要かと考えれば実はTPPへの参加による利益と損失を考えれば急ぐ必要はないと思うのですね。

ひとつだけ不平等条約にも似た条件を飲むことで良くなる可能性をあげれば 日銀や政府が対応しきれない円高対策にはもしかするとなるかもしれないという点ですね。
アメリカが有利になるということでドルの力が増すということだけは考えられるわけです。

しかし、本来こういう不平等条約によって円高に歯止めをかけるということよりも政府や日銀の対応で円高には応対するべきだし、円高解消のために多くの不平等を飲むということではいけないはずだと思います。

不平等と書いておりますが、正しくは日本の~を守るための制度などがアメリカなどの海外の基準を受け入れなければならなくなるということがあるからですね。
日本ではBSE対策で全頭検査を義務付けているものがTPPへ参加した場合にアメリカの制度でOKということにもなりかねないわけです。
日本の基準のほうがいいと思う場面でもそれが通用しなくなることが考えられるわけですし、保険や医療の現場でも多くの問題点が出てくる恐れもあるわけです。

ネットの記事ではアメリカの米を輸入すれば10Kgが400円足らずになるというものも見ました。
これでは日本の米作は死んでしまうかもしれませんね。
このような話はいくらでも出てくると思うわけです。
食料自給率を上げるという話とTPP参加は相容れない部分があると思うんですけどね。

いま日本で起きている不況の一番大きな原因は円高らしいですから、TPPへ参加したって円安に向かわなければ厳しい状況は変わらないと思いますね。
逆に円高対策がうまくいけば参加するしないなど大きな問題ではなくなるのではないのでしょうかねぇ。

日本の政治で特にダメだというのが外交だと思っている人は少なくないと思うのですが、あせってTPPへの参加を考えていいことはないと思うのはおいらだけではないと思うんですね。。。。


まぁそれはいいとしても、FTAをFTPと書き続けていたことはやっぱし恥ずかしいです。。。。
スポンサーサイト