| Admin |
韓国 国連に慰安婦問題提起へ?
2011年10月01日 (土) | 編集 |
というスレッドがあったので見ていた。

この話は提起スルも良しですね。

その時に日本がするべきことはキチンと真実を話すことでしょう。

日本の新聞などに出ている話や、戦争直後にアメリカが慰安婦と言われる人たちにアンケートなども行なっているから そういった資料をことごとく精査してもらえばいいわけです。
2ちゃんねるでは 現在韓国が世界中に贈りまくっている売春婦などの問題も同時にやればいいなどという声も出ていますね。

まぁそこのところはとりあえず、置いておいてっと。

ちょっと興味深い資料が出ていたので便乗してみたいです。
ドイツと日本の戦後補償についての資料です。

URLを貼っておきますね。
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog118.html(頭にhをつけてください)


詳しくはわかりませんが、どうやら朝日新聞の記事が元になっているようですね。

ドイツは旧西独時代以来、ユダヤ人虐殺などへの個人補償
だけでも、円換算で総額約6兆円を支払ってきている。日本
がアジア諸国に払った賠償・準賠償はざっと6千億円[1]

と最初に書かれております。

この資料を読んでいるとここで出てくる金額についてちょっと疑問が出てきます。

日本はサンフランシスコ講和条約の昭和26年から賠償が行われたのでしょう。
フィリピンなどは昭和52年までかかって支払いを完了していますね。

一方でここに書かれている内容だと、ドイツの戦後補償は棚上げ期間が長くドイツの統一まであまり進んでいなかったとあります。
ドイツの統一などは日本の戦後補償が終わったあとでしょう。

更に戦後に対戦国からもっていかれた資産の記事がありますね。

 敗戦直後、ソ連をはじめ連合国側は、ドイツの工場施設
をはじめ海外資産、絵画や本まで、あらゆるものを持って
いった。英国などは、木まで伐採して持っていった。全部
で2千億マルクになる。ドルにして470億ドル、賠償予
定額の倍以上だ。いまさら賠償請求はないと思うが、これ
は万一の場合の、内部試算である。
           (ドイツ大蔵省担当官)[6,p35]

一方で日本は

 連合国は、連合国のすべての賠償請求権、戦争の遂行中
に日本国及びその国民がとった行動から生じた連合国及び
その国民の他の請求権・・・を放棄する。

 この代償として、わが国は海外で保有していた在外資産をす
べて放棄した。たとえば、満洲、朝鮮の鉄道、工場から、はて
は中国大陸やアメリカで、日本の企業や個人の保有していた建
物、設備、預金など、すべてがそれぞれの国に没収された。
その総額は終戦直後の日銀の大まかな試算では、1,111億ドル
とされている。1ドル10円換算で、1兆1千億円。現在価値
では、その数十倍にあたろう。

と書かれている。
1ドル10円換算って。。。当時は360円でしょう。


更にドイツ

 実はドイツの戦時賠償は、ドイツ統一まで棚上げにされてき
ており、近年ようやく東欧諸国の請求交渉が始まった段階であ
る。たとえば、96年にはポーランドとの支払協定が完了したが、
強制労働に従事し、現在も生存している100万人に対して、
一人あたりわずか4万円の一時金が支払われることになった。

ナチスの行為と日本の行為の違いについても触れられている。
そのことは省きますけど。

単純に物価の違いなど多くの要素があるという点がひとつ。
そして、なにより日本の戦後補償は基本的に終わっているのに対し、ドイツは現在進行形らしいということだ。

これをもってしてドイツ型がいいというのは果たしてどうなのだろう。

ひとつだけ韓国民に同情するのはこの条約について長い間知らされずにいたこと。そして日本の力を借りてできた韓国の発展しらされず逆に反日思想だけはずっと受け続けていたことだろう。
歪んだ教育によって日本相手なら愛国無罪などという感情ができてしまったことだろね。

とりあえずドイツと日本の賠償について海外にかぶれた人はドイツ方式がいいなどと言っているようだが、現実世界を見てみるとしっかり対応したのは日本人に思えるのはおいらが日本人だからだろうか?

一応このへんで。。。。
(実は長い時間をかけて韓国について書いてしまったのですが収拾がつかなくなったので全部消してしまいました。馬鹿ですねぇおいらも)

スポンサーサイト