| Admin |
韓国の横断幕 その2
2011年09月30日 (金) | 編集 |
中国の記事をブログで翻訳してアップしているブログがありまして、見てみると先日書いた全北の 大震災 祝 の横断幕についての内容が書かれておりました。

中国では韓国のやったことを応援する人もいれば恥ずかしいという人もいるようですね。
まぁ韓国でも同様なんですけどね。

おいらはやっちゃいけないとこと感情は別物だとは思っているので、気持ちがそうであろうと横断幕はいけないと思うのですよ。
少なくてもあれを掲げた人はその場ではいい気持ちだったかもしれませんが、韓国内でも批判の声はあるし海外ではハッキリ言って中国を除けば批判だらけだろうと思います。

しかし、そんなことよりサポーターの一部がやってことで少なくても全北はチームとして謝罪しなければならなくなっているわけです。
サポーターが応援しているチームに大きな迷惑をかけるということに思いいたらないところが一番残念ですね。

中国にしても韓国にしても日本が相手なら愛国無罪という意識があるようで時に限度を超えることがあるように思いますね。


ちなみにですが、サーチナというところがチームが謝罪する文章を掲げたということを伝える半面、韓国の一部メディアがアジアカップ?大会?で日本のサポーターが旭日旗を掲げて韓国を侮辱したと言っているらしいのです。

これを見た2チャンネラーなどは どこで掲げていたか証拠を見せろだの そもそも旭日旗は今でも海自の旗として使われており、韓国などとの合同演習などでも掲げられており韓国軍からも講義設けていないものだと言っている。
更に、日本は韓国と戦争をしたこともないのになぜ旭日旗が韓国人の気持ちを逆撫でにする材料になるのかわからないとも行っています。


おいらも海軍に韓国人兵士はいなかったのか?と思いWikiを見てみたら韓国人の軍属は基本的に陸軍みたいですね。
韓国併合などで兵隊が朝鮮半島にいったとしてもおそらく陸軍だと思えるので、基本的に海軍の使っていた旭日旗はもしかすると韓国人の勝手な思い込みのために嫌われているような気がしますね。

韓国人が日本人を嫌うのは勝手ですが、言いがかりは決して良いことではないでしょう。
しかも おいらが不思議なのは韓国の場合 こうした憶測でものを言ったりすることをメディアがしたり 場合によっては国会議員などが平気でやるんですね。

日本でデモなどが少ないというのはおそらく中国や韓国の反日デモをみているからではないでしょうかねぇ。

戦後から60年安保ぐらいまでは日本でも結構デモなどもあったのだろうと思うのですが、高度経済成長などを経て国民生活が豊かになってきたことと、中国や韓国の反日デモなどを見ているとデモが無秩序に思えデモをする人が秩序がないというように考えるようになっているように思いますね。

日本でもことサッカーに関してはサポーター同士のいざこざや応援するチームの不信に対しサポーターが一部暴走する傾向があります。
チームを愛するがゆえなどという声もあるかもしれませんが、そうした行動でやはりチームにもおおきな迷惑をかけるということを知っておく必要があると思います。
チームが謝罪することはもちろん、場合によっては制裁も受けるのです。


ちなみにデモについて日本人が抵抗がある と書きましたが、それでも立ち上がらなければならないときもあります。
それがフジとフジのスポンサー企業に対するものですね。
反日デモなどと大きく違うことは秩序が保たれていることでしょう。
一部外部の組織が問題を起こすことはあるようですが、ネットの呼びかけに集まった人たちは秩序を持ってデモしてるみたいです。
(逆にデモではないところでちょっとイキスギがあるかもしれませんけどね。。。)

今回の横断幕によってそれを見た日本人が不快な気分になりますが、その満足感を得るために韓国のサッカー協会や応援するチームが日本に対して謝罪をするハメになっているわけです。
チームを応援したいのならルールは守るべきでしょうね。


ちなみに 最初に書いた中国の記事を翻訳しているブログで前に面白い記事があったように記憶しております。
それは、中国人が中国で行われていた女子サッカーのオリンピック予選でなでしこJapan を応援してくれた中国のブログを紹介したものでした。
中国人がなでしこ頑張れと書いた旗を持って会場になんどもいったという話で 中国人が結構なでしこを応援していたことがわかるものでした。
勇気あるなぁ、とか羨ましいなぁとかいう声が結構あったようです。
そこで、やはりなでしこを応援する横断幕を掲げようとしたらしいのですが、中国の関係者からここが映るのはダメと厳しくチェックされたと言うことでもありました。
で、しかたなくそこを隠すようにして掲げたということが書かれていました。
韓国と比べて中国には自由がないようにも見えますが事前に不適切なものは掲げないようにしている点では 韓国にも見習うところがあるように思えます。

忘れてはいけないのが2002ワールドカップでの韓国のスタンドの光景ですね。
ハーケンクロイツを出したり、対戦相手に対してそれはもう酷い光景だったわけです。
カーンの遺影を模したものが出されたりもしていたわけです。
観客だけではなく選手もサポーターの後押しに気が大きくなっていたのでしょう、意識的にファールをし放題でしたし得点した際のパフォーマンスも冬期オリンピックでのスケートを思わせるものなど行き過ぎがあったと思います。
国民気質なのでしょうね。

日本が相手だとただ謝罪するにもどこかで相手に対し文句をつけたい!という習性のようなものがあるんでしょうねぇ。。。。。。

おいらとしては日本で韓国人だからというのを在日の人や韓国人は差別と言うかもしれませんが こういう相手だから日本人は自分にとって有益でないと区別するわけですねぇ。
アメリカ人や台湾人だったらどうするんだ?と聞かれれば、アメリカ人や台湾人は日本人に対して韓国人みたいな真似はしませんと答えるだけでしょうね。
議論ができる相手には議論しますが、韓国人と中国人には議論はするだけ無駄です。


ああああ、また脱線してしまった。
このへんで。。
スポンサーサイト