| Admin |
法案 決まるのだろうか?
2011年09月27日 (火) | 編集 |
おいらは仕組みが分かっていないので、この法案が通るのかわかりません。
民主党内でも実際には大いに揉めているというのはわかっております。

馬鹿な議員がツイッターで実況中継していたらしいので。
18人から意見を聞き8人が賛成意見を10人が反対意見を述べたとあります。
しかし、税調の一方的で強引な形でそのまま進めるらしいということも書かれていたようです。

さきほどNHKのニュースで通りそうだというのも流れました。
所得税が今より4%で10年あがる、タバコは1本2円程度で1箱では40円以上の値上げ(JTなどがほかの費用の値上げを申請しなければ40円のまま?)ということらしいです。

民主党内で意見の調整がつかず強引にやってしまうということなようです。

おいらがわからないのは、国会で可決されなければ法案は通らないというはずなんですが、通るんでしょうか?

野党が反対しても党議拘束をかければ除名覚悟で反対票を投じなければ衆議院は通過しますよね。
参議院はねじれているので反対になるかもしれません。
(問題は復興財源という名分がついていることなんですねぇ。本当は財源何か決まらなくても国債さえ発行できれば必要なお金は集められるんですが、復興を遅らせるのか?などという言葉を使って脅迫する人がでてきそうですよね)

おいらが見てきたいくつかの番組では復興財源のための増税は 必要ない! という意見が主でした。

バラマキをやめる。日銀が国債を全部買い取る などで対応できるという話だったわけです。

一人や二人の意見ではありませんでした。
当然政府もわかっているわけですが、増税をする絶好のチャンスなわけです。
税調を取りまとめる元財務大臣の藤井氏などが強引に進めているわけです。

ことによっては参議院で否決された場合法案は廃止 というのもあるようですが、物によっては衆議院が優先されるため参議院で否決されてもってのもあったとおもうんですよね。

そこいらが おいらにはよくわかりません。

みんなの党の江田氏なども増税は必要ないと言っていました。
どこをどう考えても必要としないでもいけそうなんですね。民主党がマニフェストなどの見直しをやれば。。。。

しかし、現実に起こっていることは復興増税 仕方がないことだ とマスコミがニュースなどで受け入れる話ばかりしているのです。(討論番組とニュースの姿勢は別物ですね)
復興のために受け入れましょうと言っているように聞こえて仕方がありません。

どうなってしまうんでしょうねぇ、本当に。
民主党内での調整段階から実は反対派の方が多数だったりしているのに 進めてしまうんですよ、これ。

これが政治なんでしょうか?
スポンサーサイト