| Admin |
ユーチューブの討論動画は面白いね。
2011年09月01日 (木) | 編集 |
従軍慰安婦問題で小林氏にプロ市民が文句を言う番組があった。

どうも論点がおかしい。
反論していることは細かなことで言えばそういう面もあるといえる話が結構ある。
しかし、朱理科の調べた内容についていわれると黙るしかなくなったり、そもそも論で慰安婦ってのが必要か?という話になればレイプをなくすために慰安婦を設けたと言えば ある女の人は日本人は戦場でセックスをしたくなるのか?というような発言をしている。その後もレイプがおこるとかセックスが絡むような話には日本人はとか日本人がという言葉を必ずつけていた。
どんあだけ日本人がスケベだとしたいのだろう。
ロシアなどが慰安所を置かなかったことでレイプが多かったという話でそうさせないためにも日本やドイツは慰安所を作ったと言いたいのをどうしても受け入れたくないのだろう。
果ては公娼制度があったがあれは地域限定で認められたもので戦地は対象外で戦地で慰安所をつくるには事前に法改正が必要だとか言っている。

頭がおかしいのかと思える。

慰安所の目的は基本的には戦地でのレイプを防ぐ目的があるわけで、そこを無視した話は全くおかしい。
更に集められた慰安婦にしても、調べた話というのは出てくるがあくまでも証言による聞き取りの類でしかない。

従軍慰安婦についてこれだけ日本を攻めているわけだから、ベトナム戦争での韓国軍によるレイプ被害についてこの人たちは何か言っているのだろうか?

いまのところ おいらの耳には入ってこない。


他にも韓国人がまず謝れというのもあったねぇ。
おいらは常常思うんだが、基本的に共通の価値判断ができなければ会話は成り立たないように思える。

韓国人の中にも歴史認識で日本の主張を支持してくれる人が数は少ないがいるようですが、そうした人の話について考えようと言う人はでてこないんでしょうかねぇ。
韓国では世界中で少しでも自国にとって有利になるような話をどこからか拾ってきてさも勝ったかのように報道する記事をいくつも見ている。
しかし、おそらくそれを見つけるために多くの資料に目を通していることだと思う。
その時に出てきた日本に有利な話ってのは全く無視できるところがすごいと言わざるを得ない。
普通の感覚では調べた際に自国に不利な話があまりに多ければ自分の考えに疑いを持つのが自然に思えるのだが、なぜかかの国では日本の陰謀と思い込めるのだろう。
韓国の場合、中国と違って自分である程度のことは調べることができるはずだ。
にもかかわらず、そう思い込める時点で会話は成立しないと言わざるを得ない。

中国人が歴史について言う場合、韓国とは少し自体が異なると思う。
さっき見た動画でも中国人がまず日本は賠償という話をしていた。
日中が国交を回復する際に、中国が賠償はいらないと日本の申し出を断ったことを知らないのだろうか?
日本は中国の言葉に対してODAをすることで返したわけだが、そのことを中国の人たちは最近まで知らなかったという人が多いだろうし、もしかすると今でも知らない人が多いのかもしれない。
そう考えると中国人のほうがまだ話が出来る気がする。
もっとも、共産党支配の上では所詮反日教育があるわけでお互いが理解できるなどということは今しばらくは無理な話のように思える。
まぁ中国人も基本的に謝らない民族なんで 基本的に日本人とは相容れない部分があるとは思うんですけどね。


おいらにはドイツのように周リの国が 少なくてもほぼ理解し合える環境の中で話ができる ことに羨ましさを覚えるね。
EUが纏まったのは共通する価値観が基盤にあるという事の上でなりたっているわけで、東アジアがまとまるということは今のところありえない話にしか見えない。

まぁ日本にとって本当に危険なのは文化がどんどん侵略されていっているということだろう。
中韓に必要以上に配慮しいまのように逆差別をしているような状況ではどうしようもないでしょう。。。。
犯罪に関しても通名が認められていることで日本人の犯行かそうでないのかも知らされないのである。
中韓にすれば自国で認められていない法律まで日本には施行させようとしている。
逆差別をさらに有利になるように。。。としか思えない。

なんかね、本当に日本の将来について考えるときに通名なんかは廃止したほうがいいようにさえ思うんだが。
韓流が本当に流行っているのなら、通名なんか使わないで韓国名をなのったほうがよさそうなものだ。
そうすればフジのようなテレビ局の実態もハッキリするというものだろう。。。。

話がいつものようにずれてしまったけど、おいらには今のところ東アジアがお互いに理解しあえる環境には達していないと思えてならない。
少なくても相手に対し引け!としか言わない隣国相手に何を話し合えというのだろう?
スポンサーサイト