| Admin |
獅子身中の虫 という言葉
2011年08月23日 (火) | 編集 |
日本の中には 獅子身中の虫 ってのが居るんだなぁと感じる。

愛国心ってことを考えるときに国歌や国旗への思いだったりを思い浮かべるのだが、おそらく日本はどの国よりもこれに関しては劣るのではないかと感じてしまう。

もちろん日本にもそういう思いを持っている人は大勢いるとは思うのですけどね。


戦後の日本は共産思想にかぶれた多くの人がいたわけで、それらの人々の存在が大きく今日に関わっているのだろう。
しかし、それ以外にも問題点はたくさんあったし今でもあるのだろうと思える。


某新聞社も言い換えればこの獅子身中の虫にあてはまるかもしれない。

今日 特定アジアから日本に向かう抗議の元を作った新聞社である。
過去に自社で書いた記事など見もしないで書いたであろう記事によって多くの迷惑(大迷惑、取り返しのつかない迷惑)をかけたわけである。

今でものうのうと存在する。

ほかにも書きたい虫はいるのだが、ここではやめておく。

南京事件を描いた映画の記事を見た。

ドイツと日本の違いについての話が出ていた。
おいらの考えでドイツと日本の違いの一番は隣国の存在である。
それに尽きると思う。

先日2チャンネルの記事から、ひとつエピソードが頭に残っている。

ある韓国人女性がアメリカに留学しており論文のテーマに日本の植民地支配についてやろうと教授に話したところ結果の出ていることについてやるのはどうかと注意を受けたという。
日本が支配した韓国と台湾は経済的にも急成長している。
ほかの植民地支配された国ではこのような例はない。
と言われたという話である。



先日からユーチューブを長時間見続けている。
多くは日本人と外国人についてだが、その中で多少愛国的なやつも見たわけです。

マッカーサーが日本の戦争は自衛戦争だったとする話がでているものなど、多くのアジアの方々が日本に対するコメントをしてくれているものなどである。
日本の今の立場では侵略戦争であったという結論にいかざるをえないわけだが、大東亜戦争が自衛のために行われた戦争でもありアジア開放のための戦争であったことを感じることができると思う。

すくなくても現在アジアは皆独立しているし、なによりアフリカなどより早く独立しているのである。

変更する報道によって日本人が日本人の思いとして純粋に発言することができなくなっている現在があるわけです。
日本は外圧に弱いという人もいる。おいらはその原因が獅子身中の虫のせいだと思っている。
外圧などより国内で大きな大きな声をあげる人がいるのである。

そして、国歌や国旗を放送しないなどしない とか 国民の声を弾圧するマスコミがあるのである。

反日的なメディアが地上波を支配し愛国メディアはネットなどにしか存在しないのが現状である。
(しかも愛国はちょっと偏ってるし。。。)

どなたかいい虫下しを教えてください。。。。。。。。。。。。
スポンサーサイト