| Admin |
フジテレビ批判は入口だね
2011年08月08日 (月) | 編集 |
今回のフジの韓流押しのヤラセ行動的なものについてある雑誌でフジ側の言葉の中にスポンサーに頼らない収入wp得ることが目的の一つに挙げられたいたらしい。

つまり、番組の内容に頼らなくてもいいようにしたいということでもある。
これって独自の主張を勝手にできるってことで、スポンサーのがん部み内容の監視という抑止力をなくしてしまおう ということでもあるだろう。
すなわち、放送倫理などというものも自分たちの好き放題にできるということでもある。
お上が難癖付けない範囲であればなんでもやれるということだ。

今回、日本のメディアのほとんどがフジへのデモを取り上げていない。

このことが日本のメディアの変調報道を改めて指摘しているということだろう。

良きに付け悪しきにつけあったことがらを国民に伝えることが放送の原点であるはずだ。
いまのマスコミのニュースというものは事件などの事柄にいちいちコメンテーターなる人物などが独自の解説を付けてくる。本来は見た人間が各自で判断すればいいものをこのコメントによって意識が方向づけされてしまっているのだ。
世論誘導にもとれる。

マスコミは株を持ち合い、フジのように新聞社からラジオ、出版社から通販の会社、レコード会社など多くの事業を手がけていることで、世論を作ることもできるし、ニュースを封殺することもできてしまうのである。

現状ではフジのデモはフジサンケイグループの問題であるが、他局も同調してなんの報道もされていないことでも放送局全体がそういった風潮にすでにあるということでもあるだろう。

電波は公共物であるということは法律で決まっている。

ところが今放送局として放送している企業は独自の判断で放送にふさわしいふさわしくないと判断している。
特定東アジアの問題は事件でも報道しなかったり、国内で起きたデモなどについては他国で報道されても国内では全く触れられないケースなどいくらでもその偏重性は指摘できるはずだ。

国策であるものならいざしらず、自らの(メディア側)利益のために報道するしないを決めてしまうのはどうかと思うね。

メディアがときどき言論の自由を訴えて政府を批判するケースなどがあるが、常常おいらはどの口でいうんだろうとあきれてしまう。
都合のいいことには口を開かず、事故の権利が危ない場面では誰より大声をあげるばかりの輩である。
テレビ局などはどの曲でも韓流をとりあげ他放送はしてきたわけで、今更韓流はマスコミが作り上げようとしているブームだと認める発言はしにくいのはわかる。
が、だからといって反省ができなければテレビというコンテンツは子供と老人のためものでしかなくなってしまうだろう。(ちょっと裕福な子供でもネットにいっているかもしれないが)

他局でのこの問題への扱いは単に韓流への圧力として捉えられた報道になっているが、みんなわかっていることだがフジはそれにつけて日本を貶める行為をしたり捏造までおこなっていることが講義の対象になっているということだ。
他局がそれを指摘できないのは多かれ少なかれ他局もそういったことをしているという自覚があるのだろう。

いま、フジと日テレは持株数の外国人比率が危険水域にある(実質的には上限を超えているわけだが)わけで、いまを機会に電波事業者の多角経営について規制を設けるべきだし、もっと公共性についての議論が行われ公平性がもっとしっかり守られるべきだと思う。

背後にある広告代理店の権力にだって規制がかけられるべきである。
メディアへの影響力だってメディア本体と同等に規制されるべきであるはずだ。



まぁ最後に2チャンネルで指摘されていることについてちょっと書いておく。
マスコミ発表の数字についてです。
韓流スターの来日時の空港に詰めかけたファン数の捏造は顕著で800人とかという数字は実は100名足らずだったり数万人集まったというコンサートは実は半数以下だったりしていたりする。
元記事では写真で同程度の集客時のものと韓流のものを比べているわけで、捏造は明らか。
で、今回のでもについて扱った数少ない記事での数字は800人とか500人とかという数字で語られているが実は2500人程度の人が現地で散歩したということらしい。
そして語られることはないがニコニコ動画では20万人(延べ数だと思うが)ユーストリームでは7万人がこの中継をみていたということですよ。
マスコミの報道は都合のいいことは拡大解釈、過剰報道 一方、都合の悪いことは過小に評価しているのがハッキリわかりますね。
香港や中国で伝えられているこのデモの記事が日本では大手では全く取り上げられていない現実を多くの日本人が知らないということについて問題意識を持たなければいけないと思う。

ことは大げさに行ってしまえば国防にまで響くと思うわけで、政府がこのことに関して無関心でいることは大きは問題だと思うね。


メディアはその気になればいまの韓流が作られたものだと調べることは簡単で、韓国に行って日本で押されている韓流スターのアンケートをとってみればいいんだ。
Karaや少女時代は別にして多くの人やグループは韓国人だって知らない人が多いんじゃないだろうか?
そういう韓流を日本のメディアはやっているってことだ。
流行ってもいないコンテンツを日本で作り出そうとしているのが今の韓流の実態だろう。
フジが言う視聴者の要望が本当なら韓流を扱ったものの低視聴率の実態などが説明できないと思える。
いわゆる一部の特定視聴者の声というのが実は正しい言葉ではないのだろうか?
それっていうのはある意味で視聴者を区別していることにほかならず公共性という面で大いに問題だと思える。

ちなみにだが、こうした視聴者によるフジへのデモに対してフジテレビが声を無視する形でやり続けられるのも実はテレビ放送のスポンサーに頼らない営業というものができているからだろう。
すなわち、スポンサーに頼らない体質は国民から離脱するためであり公共性から離れるためであるとも言えるだろう。やっぱりフジサンケイグループは解体するべきだろうね。

なんども書いておくが事はフジに限らず、このデモがどの曲でも取り上げられないことが日本のメディアが基本的に正しく機能していないことの証明であると思う。
いい悪いは別にして、取り上げない罪はあると思える。
スポンサーサイト