| Admin |
嫌なら見るな!
2011年08月04日 (木) | 編集 |
フジ批判に対しての芸能人の反応の一部ですね。

脳科学者の先生や芸人がツイッターで言った言葉らしいです。

その理屈でいえばそもそもBPOなる存在は意味の無い話ですよ。

2チャンネラーをはじめとするネットの人間にその言葉をいえても一般に向けてその言葉を正々堂々と主張できるのかと!
テレビの人間も視聴者からお金をもらっているわけではないという重いが強いんでしょうかねぇ。
放送局が免許性であるという理由をもっと勉強しましょうね。


まぁここでこんなことを書いたってどうなるわけでもないわけですが、ここ二日間ほどほとんどテレビを見ていません。
愛してみない訳ではないのですが、たまたまテレビを見ても特番などで見たいものがないのです。。。。
特番ではどこのテレビでもひな壇に芸人やタレントが陣取って自らが笑いを足すようなものばかりで。。。

頼みの綱の映画チャンネルもたまたま いいのがないっていうんですから。。。

まぁテレビなどなくたって困るってほどでもないんですが。
情報はネットで検索できますし、古い番組をユーチューブなどで見ることもできます。
ゲームをしたっていいわけですし、本を読むこともできます。

テレビを付けてたって基本的にネットをやっている間に音楽変わりにつけているようなものですし。

すでに好きではない芸能人が出ている番組などは見ないようにしているわけで(某太田総理などですがw)もともとフジは見る機会が少なかったことを広げてしまえばいいわけでなんの問題もないでしょう。

放送局関係の法律を動かすように何らかの知恵を使うことにしましょう。
政党にメールするなどがんばりますからね!
法律に違反していないというのであれば 好ましくない法律は変えるしかないわけですから。 
スポンサーサイト