| Admin |
気になる原口発言!
2011年06月02日 (木) | 編集 |
マスコミは不信任案一色だが、おいらには代議士会での原口発言が気になって仕方がない。

民主党の代議士会の質問の場で原口氏が私たちの目にしてきた数値と3桁違う、子供たちを逃がしましょう!と放射能の数値について話したことです。

タレントの山本太郎氏がすでに子供たちを守ろうと行動し仕事をやめるという話も出ているわけですが、政府の発表してきた数値が実は甘い判断である危険性が改めて問われる内容の発言ではないのかと思える。

マスコミは不信任案の行方が気になって仕方がないのだろう。
原口氏の言葉を取り上げているところはまだどこもないのだが、総理の行方も気にはなるが 実はそれ以上に大きな問題がここにあるように思えて仕方がない。

もし、原口氏が言うことが事実であり子供たちが危険に晒されているとするなら総理の行方などよりも国の根幹に関わる話ではないかと思っている。
なぜ、マスコミがここに食いつかないのか不思議でもある。
政府が知っていて隠しマスコミがそれに協力でもしているのかとさえかんぐってしまうぞ。


もし、原口氏が言うような状況にあるのであれば避難の基準をしめしている政府の責任は極めて重いと思うし、仮に数値を押さえて発表している者がいるならばその責任は極めて重大だと思う。



おいらは閣僚が東電の対策に不満をいうことが多々あったようだが、個人的には東電よりも この国難に際し陣頭指揮するのは政府でなければならないと思っている。
しかがって閣僚が東電に不満をいうこと自体政府の危機管理能力の力不足を感じずにはいられない。
そういう意味では今の内閣の力不足は問題であり早急に変えなければならないとは思う。
そういう意味では不信任案の行方も大事ではあると思う。
しかし、原口氏が持っている資料がいつ出てきたかは知らないが これが出てきたのなら国会で不信任案をやるより国民の避難のほうが最優先事項に当たるのではないかと思う。

マスコミが国民の声の代弁者を語るのであれば、このことが一番に扱われるべき事柄ではないかと個人的に思えて仕方がない。

この発言への具体的内容が少しでも早く行われることを望みたいですね。

スポンサーサイト