| Admin |
笑う警官 映画版
2011年02月20日 (日) | 編集 |
ケーブルTVの映画チャンネルで 佐々木譲原作の 笑う警官 をやっていた。

見たかった映画なので見てるんですが。。。。。あまりに残念。

まずコレを見ていてすぐに不満に思ったことがある。
音声が聞き取りにくいのだ。
松雪泰子の声がまずほとんど聞き取れない。
囁くように話すのだから仕方がないかもしれないが、このために音を大きくして聞いているのだがそれでも聞きにくい。
更にところどころで他の人の声などが大きいものだから小さい声に合わせるとその大きな声が半端なく大きくなるのだ。夜なのでそれほど大きくしたくないのだが、外で聞こえてくる車の音もあいまってますます聞こえない。

更に、原作を変更しているために原作を知るものにとっては人物像を濃くしすぎに思える。

大体、原作でいえば主人公がもう少し爺くさいイメージをおいらは受けたのだがいい男すぎるw。
一方でこのシリーズで活躍する津々井は雨上がり決死隊の見やさおが演じているがいい男という設定なんですが。。。
松雪演じる女刑事?も本来婦警で。もうすこしエリートとかを意識させないような人物像のように思える。
別の作品では東京のエリートに対し手伝いをする羽目になるのだがハキハキものをいうイメージがある。
そして佐伯刑事とのやりとりも手伝うから飯を奢ってくれなどとハッキリ要求しているのである。

ブラックバードという店の設定もマスターの存在がまったく変わっている。
単なる脇役のマスターが暗殺者になっているのも違和感だし、仲間の中で裏切りがあったものがどうやらマスターにとって変えられた感じがする。

おいらは原作の文章も好きだったので映画でなんでこんなに複雑にしていったのか理由がよくわからない。
まぁ文章では目に映る登場人物の姿が部分的にちらつく程度だが映像では手持ち無沙汰に見えてしまうのかもしれずそのために登場人物の設定が複雑になっているのかもしれない。
一方で、おいらには時間軸も短縮されていてどうにも予算削減のためにこんな映画になってしまったのかなぁと思わずにいられなかった。

大いに不満の残る映画を見たって感じです。
(声が聞き取りにくいだけでもう十分不満なんですけどねw。たぶんいじりまくって見せている背景に松雪とのやり取りこそ本来重要なんでしょうけど、なんせよく聞こえないのですから。。。)

まぁストーリーいじってるのもおいらは嫌いなんですけどね。
おいらは本で見たものがすごく想像で膨らんでいるのでリアルな人物が出てきて更に人物像までいじってあるとどうにも違う物語に見えて残念に写ってしまうんですよね。

活字好きなだけかもしれませんけどねw。
スポンサーサイト